本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「家族よ、ボケと闘うな!」長尾和宏、近藤誠

(2015年11月 5日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族よ、ボケと闘うな!  誤診・誤処方だらけの認知症医療

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■「65歳以上、5人に1人が認知症
 という2025年の推計ニュースを聞いて
 読んだ一冊です。


 認知症とは、病気なのか、
 それとも、
 物忘れが増えただけなのか。


 お医者さんの間でも、
 議論があるようです。


認知症は、「老化」でもあるし、「病気」でもあるといえばいいのか・・認知症は病気だ!と言い切る医者ほど、とにかく薬で治そうと必死になり、いや、老化だ!と割り切る医者ほど、治療よりケアの部分に重点を置いて対応しようとします(p11)


■意外だったのは、
 認知症になって困るのは、
 本人ではなく家族ということ。


 ふつうのパターンは、
 認知症で家族が困っているので、
 認知症薬でおとなしくさせる。


 本当は、家族が困っているのですから、
 家族に薬を処方すればいいのでは?
 と、この本では提言しています。


 さらに言えば、
 離れて暮らせば問題解決
 ということもあるようです。


・夜中じゅう歌を歌い続ける寝たきりのおばあちゃんがいたとします。ある家族は「なんとかしてほしい」・・ある家族は「いい子守唄だ」と言って喜ぶ・・前者には睡眠薬を処方します。おばあちゃんに?いえ、家族にです(p18)


■認知症を薬で治そうとする医療への
 問題提起だと思いました。


 薬を処方する前に、
 やることがあるのではないか。


 その治療は、本当に
 患者のためになっているのか。


 そうした問いを
 患者側の私たちも考えておく
 必要があるのでしょう。


 長尾さん、近藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・間違った医療や介護が、実態以上に認知症を増幅させているように感じます・・「抗認知症薬をたった1剤やめるだけで、別人のように回復したケース」を、僕はたくさん診てきたからです(p3)


・副作用すらも、新たに薬を増やすことで抑え込もうとする医者には疑問を感じます・・1抗認知症薬の副作用で眠れない→2では、睡眠薬を出しましょう→3睡眠薬のせいでぼーっとしています4では、(興奮作用のある)抗認知症薬を増やしましょうか(p71)


・抗認知症薬の副作用には、「イライラする」という状態があります。・・介護者のストレスとなり、結局本人の環境悪化に繋がるだけです・・服薬のタイミングを少々送らせてでも、ますは、環境改善を目指すべきではないでしょうか(p41)


・「うつ病」と「うつ状態」は違うもの・・・「うつ状態」とは、ショックな出来事をきっかけに、食欲もなくなって、何もやる気が起きない状態。・・一方、気づけば全く覇気がなく、以前好きだったことに興味がなくなった、朝早く目覚めて午前中は調子が悪いというなら、恐らく「本物のうつ病」です(p84)


・「本人は幸せそう、しかし子どもは不幸そう」というケースによく遭遇します・・親子関係によっては、親がボケたら一緒に住まずに、一定の距離を置いたほうが、お互いが不幸にならずに済む場合もあるようです(p154)


・大切なことは、あれこれ考えているだけではなく、思いつけば試してみることです。そのアイデアが、本人に合わなければ、変えていけばいいだけのこと。「治す」「治さない」よりも、本人に「合う」「合わない」を探していくこと(p164)


家族よ、ボケと闘うな!  誤診・誤処方だらけの認知症医療
長尾 和宏 近藤 誠
ブックマン社
売り上げランキング: 148,585

【私の評価】★★★☆☆(76点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1・認知症は老化ですか? 病気ですか?
2・治る認知症、ゆっくり付き合う認知症
3・早期発見、早期治療に意味はあるの?
4・どの科に駆け込むのが正解か?
5・長谷川式か? MMSEか?
6・進行が止まる人、止まらない人
7・4つの薬が有効とされているけれど......
8・なぜ医者は薬の処方を間違えるのか?
9・認知症をうつと誤診する医者
10・「コウノメソッド」で何かが変わる?
11・医者を信じるな? 薬を信じるな?
12・中核症状と周辺症状、どちらを重視する?
13・被害妄想から考える、関わりと環境
14・エビデンス主義は誰を幸せにするの?
15・放置プレイという見守り方
16・介護も進化できるのか?
17・家族よ、ボケと闘うな! 患者よ、ボケを怖がるな!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: