「下座に生きる」神渡 良平

| コメント(1) |

下坐に生きる (Chichi‐select)

【私の評価】★★★★☆(82点)


■著者が人生に目覚めたのは、
 38歳で脳梗塞で寝たきりに
 なってからです。


 半身不随になり、
 リハビリを続けるなかで、
 自分は生かされている。


 人には使命がある、
 自分にはやるべき使命がある
 気づいたのです。


・気がついていないけれども、
 私たちの命の背後には、
 父母のそういう祈りや涙がある(p93)


■幸いにも私たちには
 そうしたことを教えてくれる
 先人たちがいます。


 私たちは、そうした先人に
 学ばなくてはならない


 そのために神渡さんは、
 本を書き始めたのです。


・仕事をどうとらえるか・・・
 生活の糧を稼ぐための止むを得ない雑務と捉えるか、
 それとも修養の具体的方法だと捉えるか、
 それによって大きな違いが出てくるのだ(p105)


■この本では、
 佐藤一斎、中村天風、マザーテレサ等さんなど、
 一燈を掲げて生きた人を紹介しています。


 神渡さんも執筆を通じて
 一燈を掲げているのですね。


 神渡さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・つまずいたり、ころんだりしたおかげで
 物事を深く考えるようになりました
・・・
 だまされたり裏切られたりしたおかげで
 馬鹿正直で親切な人間の
 暖かさも知りました(相田みつを)(p48)


・有名無力、無名有力・・
 有名ではあるけれども無力な人間・・
 スポットライトがあたるわけでもないけれども、
 頭が下がる生き方をしている方がいらっしゃる(p63)


・天風先生は講演会や夏期修練会でよく、
 正宗の名刀と菜切り包丁の話をされた。
 「君たちはみんな正宗の名刀を与えられている。
  しかし、それに気づいていないので、
  自分を台所の菜切り包丁みたいに使っている。
  それは違うぞ・・(p69)


・一業を選びなさい。
 『ぼくはこれで誰にも負けない世界を作るんだ』
 というテーマを決めなさい
 そしてそれに打ち込むのです・・そうしたら、
 『天はぼくにこれをさせるために、この世に遣わしたのか!』
 と、納得がいくおうになるはずです(p195)


・家族の中でも一見やっかい者に見える人がいるし、
 会社の中でも成績も悪く、
 一見お荷物に見える人がいる。
 そういう人を排除したくなるのが人情だが、
 人間の成長、組織の成長はそういう人を通して
 行われるというのだ(p118)


・願望を描くことではなく、
 すでに成就したとして感謝することによって、
 現実を引き寄せていく(p153)


・本気になると
 世界が変わってくる
 自分が変わってくる
 変わってこなかったら
 まだ本気になっていない証拠だ・・・
 坂村真民(p56)


・一燈を掲げて暗夜を行く。
 暗夜を憂うこと勿れ。
 只だ一燈を頼め
 「言志晩録」13条(p142)


下坐に生きる (Chichi‐select)
神渡 良平
致知出版社
売り上げランキング: 133,105

【私の評価】★★★★☆(82点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 下坐に生きる―一灯園の三上和志さんのこと
第2章 喜神を含む―先哲に学ぶ人生の知恵
第3章 『言志四録』を貫く天の思想
第4章 中村天風がつかんだ言霊の本質
第5章 私が経験したマザー・テレサの世界
第6章 車イスのカメラマンを雇った社長さん
第7章 一業に徹す―ある読者への手紙
第8章 対談・生命の本質を探る―中村天風先生をめぐって(杉山良一)
第9章 対談・独りを慎しむ―古典が示す日本への戒め(山崎道夫)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)