本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「主題のある人生 一隅を照らす生き方とは何か」神渡 良平

(2008年6月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

主題のある人生 一隅を照らす生き方とは何か

【私の評価】★★★★☆(85点)


■不思議な一冊でした。


 「人生にはいろいろある」から始まり、
 著者の経験談が語られていくかと思えば、
 安岡正篤、中村天風、丸山敏雄、
 森信三、佐藤一斎など、日本の代表的な
 哲人の思想が紹介されていきます。


■最後まで読んでわかったのは、
 著者はこの本で「人生の知恵」を
 伝えたかったということです。


 掃除は鍵山秀三郎さんから、
 積小為大は安岡正篤さんから、
 思考の大切さは中村天風さんから
 学ぶのです。


・遠回りのようであるけれども、一歩一歩進むしかないのだ。・・・安岡の生涯を貫く信条だった「一燈照隅、万燈照国」とはそういうことだ。(p137)


■神渡さんは、38歳のとき脳梗塞で倒れてから、
 生かされていることと、自分の使命に気づき、
 たった一度の人生を楽しむことを学んだようです。


 そしてそれを伝えることを自分の使命として、
 活動されているように感じました。


・理性のブロックを外し、すべてを忘れて、今、ここを楽しみなさい。あなたは今まであまりにも頭であれこれ考えすぎてしまい、今、ここを楽しむことをしてこなかった。(p103)


■「日本版の成功大学」といった趣の一冊でした。
 本の評価としては、★4つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・楽しく人生を生きるため私はたくさんのものを手に入れたかった。しかし、価値ある人生を生きるため生きる目的を与えられた(p64)


・私共の会社では、残業のとき出前を取ると、綺麗に洗ってお返しするようにしています。・・・高邁な理想を云々するよりも、そうしたことのほうが大事です(鍵山秀三郎)(p82)


・安岡は静座をすることによって自分をつくると同時に、読書によって人間学を深め、いっそう肚(はら)をつくろうと言う。(p303)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(85点)



■著者紹介・・・神渡 良平(かみわたり りょうへい)

 1948年生まれ。新聞記者、雑誌記者を経て独立。38歳のとき脳梗塞で倒れ、半身不随となったが再起。闘病生活中に、先人の知恵の大切さに気づく。「安岡正篤の世界」「丸山敏雄の世界」など著書多数。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: