本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「それでもがん検診うけますか」近藤誠

(2004年6月 6日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

それでもがん検診うけますか (文春文庫)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


●私もがん検診は受けていますが、
 その有効性、被曝量、バリウムの危険性など
 まったく説明されていなかったことに
 驚きを受けました。


 インフォームドコンセプトのイの字もないのですから、
 あきれてしまいます。
 結局は、自分で現実を学ぶしかないですね。


●厚生省研究班の報告書では、
 「胃X線検査による胃がん検診」
 「視触診とマンモグラフィの併用による乳がん検診(40歳台)」
 「胸部X線検査と高危険群に対する喀痰細胞診の併用による肺がん検診(日本)」は、
 「I-b 検診による死亡率減少効果があるとする、相応の根拠がある。」に
 分類されています。


●ところが、肺がん検診(レントゲン)の有効性の関する
 外国での大規模調査(無作為比較法)は
 すべて否定的な結果を得ているというのです。


 ということは・・・・・・。
 今後も、がん検診については調査を続行いたします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本国民の大部分は、おそらく毎日毎日外出しているでしょうが、それで交通事故にあって死亡するのが一年を通して、十万人に十人なのです。それにたいして内視鏡は、一回受けただけで十万件につき三人が死亡するのです。(p52)


・胸部のレントゲン撮影で肺が被ばくする線量は0.1ミリシーベルトで、胃透視で胃が被ばくするのは4ミリシーベルトといいます。・・・乳房のマンモグラフィに関する全国調査では、・・・最大では28ミリシーベルトといいます。

<実は胃がんの集団検診では、間接撮影のため、9.5ミリシーベルトの被ばくだそうです。年間の自然被ばく線量は2ミリシーベルトと言われていますから、胃がん検診で5年分の被曝になるんですね。250ミリシーベルトで白血球の減少が見られ、1000ミリシーベルトから頭痛、めまいの症状がでるので、そのリスクをどう見るかですね>


・がん検診では、見落としもつきものです。

<胃がんでは10~40%の見落としがあるそうです。>


・臓器を切除してみたら、がんがなかった、ということがあります。(p95)


・がんの"良性""悪性"の判断基準は医師によって違う(p107)


・「病名」をつける第三の理由は、保険請求の問題です。・・・医療保険組合への請求書(レセプト)に「異常なし」と書いたら、診察料の残りを支払ってもらえないので、やむなく「乳腺症」「胃炎の疑い」などという、意味のない診断名をカルテに記載するはめになるわけです。(p129)

<今はどうなっているのでしょうか>


・千人に一人のがんをみつけるために、999人の検診と、9ないし149人の精検がムダになっています。つまり、現在の検診システムでは、精検の大部分がムダになり、多数のノイローゼ患者を量産することになっているのです。(p134)


・肺がん検診は、くじ引き割り付け試験でその効果が否定されたので、世界では行われていないわけですが、これも日本では国の施策となって全国展開されています。(p208)


・検診に根拠のないことを知っている人が検診を広めた・・・乳がん検診については現在の視・触診ではほとんど有効でないことは先生のいうとおりと思っております(研究班のひとり)(p211)


・商品という点で今いちばん問題なのは、大腸ポリープの内視鏡による切除です。一件九万円という高収入なので、「大腸ポリープは宝の山」と検診関係者の間でひそやかにささやかれています。・・・しかし、ぽりーぷの発見は無意味とさえいえる(132頁参照)のですから、国民は検診機関に膨大な無駄金を払っていることになります。(p140)


【私の評価】★★★☆☆(73点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: