「夢は9割叶わない。」弘兼 憲史

|

夢は9割叶わない。

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■「課長 島耕作」の作者に、
 社会での夢の叶え方を
 教えてもらいましょう。


 タイトルから言うように、
 世の中とは思うようには行かないもの。


 それでも、自分の実力を見ながら、
 努力をしていけば、
 それなりになるものです。


・「夢」という言葉を「目標」に変え、
 実現可能なステージで闘っていけばいい(p2)


■技術が得意なら、技術を磨けばいい。


 人間関係が得意なら、人間関係を作る。


 人それぞれ、特徴があり、
 良い点も、弱点もある。


 その中で、自分らしさを発揮して、
 なりたい結果を出していくのが、
 成功なのでしょう。


・上司の機嫌とりだろうが、社内政治だろうが、
 それが評価され、出世しているのが事実ならば、
 それも立派な「能力」です(p150)


■島耕作は、現実主義でした。


 社会では大人の対応も求められます。


 そうした現実の中でチャンスを探して、
 それをつかめるのかが勝負なのでしょう。


 弘兼さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・現実的には、「努力が報われない」
 ことのほうが圧倒的に多いのです・・・
 「能力+努力」という2つの要素が
 揃うことで成功している人がほとんどです(p16)


・正しい意見ほどソフトに言うべき・・・
 正しい意見ほど、強い口調で言われたら、
 言われたほうが反感を持つに決まっています(p166)


・部長にしろ、この女性の先輩にしろ、
 みんなに敬遠されているような人の懐に
 飛び込んでいくと、
 けっこう面白い話が聞けたり、
 貴重な経験ができるものです(p145)


・仕事にはスピードが大事・・・
 特に意識したほうがいいのが
 「着手するスピード」です(p60)


・40代以降は「自分で仕事を作る」
 「自分でオペレーションをする」
 世代だと僕は考えています(p121)


・「継続は力なり」・・・
 「マンネリ」が1つの魅力となっていて、
 視聴者、聴取者に安心感を与えている(p180)


夢は9割叶わない。
夢は9割叶わない。
posted with amazlet at 14.08.10
弘兼 憲史
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 114,034

【私の評価】★★★☆☆(78点)



■目次

第1章 すぐに成功しなくてもいい ~生き方~
第2章 つべこべ言わず、やってみる ~仕事~
第3章 「つまらない世界」こそ、面白い ~人生~
第4章 目の前の1人を喜ばせる ~人間関係~
第5章 「大人」として生きる ~自立~


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ32.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)