本のソムリエがおすすめの書籍を紹介するサイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「斎藤一人 元気が出る魔法の法則」舛岡 はなゑ

本のソムリエ 2014/08/05メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 一人さんには10人のお弟子さんがいて、舛岡 はなゑさんは特に傷つきやすい優しい人です。


 そんな はなゑさんに一人さんは、「困ったことは起こらないよ」「自分が成長するためのステップなんだよ」と教えてくれるのです。


・「困ったことは起こらない」一人さんはそう言います。というのは、この世で起こるすべてのことは、みんな自分に必要なことだからなのです(p71)


 人の性格というのは、それほど変わりません。あとは、どうやって補正していくか、ということ。もし、傷つきやすいなら、より強い言葉を使うことで補正していけばいいのです。


 「ブス」と言われたら「それが何か?」と言えばいい。恋人に振られたら「私の良さにわからないとは残念な人だなあ」と言えば良いのです。


・好きな人と別れたとき・・・「私の良さがわからないなんて、彼もついてない人」(p34)


 世の中にいやな人は、実際に存在します。その人は、その人なりに一生懸命生きている、かわいそうな人なんです。そういった人が、私の人生ドラマを盛り上げる、大事な脇役をしてくれるのです。ありがたいことですね。


 そうした毒を吐く人は放っておいて、私たちは私たちだけで幸せになりましょう。はなゑさん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「もう少しお静かにお願いします」と注意したら、「うるせえよ」と言われてしまった・・・「私って偉い!みんなが迷惑に思っていても言えなかったことを、私は言えた・・・(p30)


・第一志望の学校に入れなかったことには落ち込みました・・・いいか、長い人生で、どこの学校に入るなんかたいしたことじゃないんだぞ。受かったところがいちばんいい学校なんだ(一人)(p32)


・「明るい妻がいて幸せ!」「子どもがいて、仕事もしているのに、家のこともやってくれる妻がいて最高!」と言っていれば、奥さんの仏頂面も直ります(p45)


・結果が出ないときは、とにかく動く・・本を読んだり、人に聞いてみたり、とにかく手当たり次第に動くことです(p130)


・いやな人はドラマを盛り立ててくれる大事な脇役です(p169)


・傷つきやすいのは仕方がない。だから、自分が強く見えるような言葉を使って行動し、生きなさい(p222)


▼引用は下記の書籍からです。

斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)
斎藤一人 元気が出る魔法の法則 (PHP文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 14.08.04
舛岡 はなゑ
PHP研究所
売り上げランキング: 19,876


【私の評価】★★★★★(90点)



目次

第1章 自分を大切にしよう
第2章 人のためになることをしよう
第3章 エネルギーを奪われないようにしよう!
第4章 毎日の生活で元気を出す方法


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ32.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!
<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , , ,



同じカテゴリーの書籍: