本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本」中谷 彰宏

本のソムリエ 2013/08/15メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本


【私の評価】★★★☆☆(76点)


要約と感想レビュー

 落ち込み、悩んだときに読む本ですね。だれでも、駆け出しのときがあります。


 なかなか自分の成長が実感できないときがあります。そうしたときに、辞めてしまう人と、続ける人にわかれるのです。


・「それをやったらどういう意味があるんですか」という質問をする人がいます・・・始めないから、やってみないから、永遠にわからないのです(p28)


 やはり、やってみて、続けてみないとわからないことが、あるのだと思います。


 調子が良いときがあれば、調子が悪いときもある。調子が悪いときに、どれだけ踏ん張れるのか。最後は、志なのでしょうか。


・「お客様が1人しか来ないんですよ」と言わないことです・・・この人、1人のためにやってみよう」とするのが仕事です(p77)


 人生にムダなことはない、と言われますが、ムダに見えることはいっぱいです。普通の人にムダに見えても、自分で楽しめることがあれば、やってみればいいのではないでしょうか。


 中谷さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・上り坂は収穫をしている時期です。下り坂は種まきをしています。・・どちらも必要な時期です。(p6)


・夢を実現している人は、「意味はあとからついてくる」と考えます(p32)


・大きな志で、小さなことを大切にする(p84)


・めんどくさいことを楽しめるのがプロです(p122)


・しんどいことがなくなったら、喜びはなくなります・・・ラクしてやったことは、あまりうれしくないのです(p93)


・「あなたがいてくれたおかげです。うれしい。助かった」という言葉を誰かに言ってあげたことがあるか考えてみる(p44)


「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本
「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本
posted with Amazonアソシエイト at 13.08.15
中谷 彰宏
あさ出版
売り上げランキング: 252,576


【私の評価】★★★☆☆(76点)



目次

第1章 人間の意味に、気づこう。
第2章 しんどいことを、楽しめる。
第3章 前向きな努力を、しよう。
第4章 ほめられないことを、しよう。
第5章 好きなことを、徹底的にする。


著者紹介

 中谷 彰浩(なかたに あきひろ)・・・1959年生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。1984年、博報堂に入社し、CMプランナーを務める。1991年、独立、(株)中谷彰宏事務所を設立。著書は、800冊を超す。「中谷塾」を主宰し、全国で、セミナー・ワークショップ活動を展開。2008年からは自社で「中谷塾」ブランドの書籍を刊行。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: