本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件」童門 冬二

(2013年6月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)


【私の評価】★★★★☆(81点)


内容と感想

■ジョン・F・ケネディ大統領が、
 もっとも尊敬する日本人 上杉鷹山の
 生涯について分析した一冊です。


 上杉鷹山は17歳で
 山形の米沢藩主となりました。
 しかし、その米沢藩は、
 財政破綻状態だった。


 その理由は、
 収入が減っていたにもかかわらず、
 大量の家臣団を維持していたこと。
 さらに、凶作に飢饉。


 また、さらに、先代藩主までの
 放漫支出も大きいものでした。


吉良上野介は米沢藩を食いものにした。自分の贅沢な生活費のほとんどを息子に言い付けて、上杉家から支出させたからである。(p35)


■そうした米沢藩を再建した秘訣は次の三つ。


 人材の登用。
 徹底した倹約。
 そして、付加価値の高い商品開発です。


 人材としては、保守派から左遷されていた
 跳ねっ返りの気の強い人を登用しています。


 倹約では、無駄な行事を一切止めるとともに、
 いっぱいいた家臣団に農地の開墾をさせたり、
 土木工事をさせています。


 産業育成のために、米だけではなく、
 価値のある商品開発を目指しています。


・米沢ではこれから、米作の他に漆、楮(こうぞ)・桑などを植えて、その原料から種々な品物をつくろうではないか。例えば漆からは塗料や蠟をとり、楮からは紙を漉き出し、桑からは生糸を織り出して・・(p121)


■現在の財政赤字国家、日本にも
 通じるような内容でした。


 いつの世にも現状維持の反対派はいるし、
 足を引っ張る人はいるものです。


 改革者とはそうした普通の人との
 ゴタゴタに半分以上の苦労をするのが
 宿命なのだと思いました。


 童門さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・新田開発に始まった藩士たちの労力奉仕は、橋の修復になり、材木の切り出しになり、それ以後、場内外の普譜(ふしん)や、本丸、二の丸、三の丸の堀の新設や・・(p147)


・一 国家は先祖より子孫に伝え候国家にして、我、私すべきものには之無く候
 一 人民は、国家に属したる人民にして、我、私すべきものには之無く候
 一 国家、人民のために樹てたる君にて、君のために樹てたる国家、人民には之無く候(p202)


・外国からみると、日本人は単なる"働きアリ"だ。が、日本人にいわせればちがう。「日本人は、ハート(心)のあるアリ」なのだ。他人のため、社会のためというモチベーション(働く動機)を持って働いている人が沢山いる(p2)


▼引用は下記の書籍からです。

上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件 (PHP文庫)
童門 冬二
PHP研究所
売り上げランキング: 37,949


【私の評価】★★★★☆(81点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


目次

プロローグ なぜ、いま上杉鷹山か
第一章 名門・上杉家の崩壊-財政破綻はなぜ起こったか
第二章 名指導者への序曲/-実学感覚を修得せよ
第三章 変革への激情-「真摯さ」がなければ、何事も始まらない
第四章 大いなる不安-絶望感は自らの力で取りされ
第五章 断行-飽くなき執念と信念が奇跡を生む
第六章 最後の反抗-衆知を集めて悪弊を斬れ
第七章 英断-必要とあらば、非情であれ
第八章 巨いなる遺志-老兵・鷹山と若き後継者
エピローグ 愛と思いや乃の名経営者・鷹山


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: