「実戦!「困った上司」とつき合うヤクザ式心理術」向谷 匡史

|

実戦!「困った上司」とつき合うヤクザ式心理術

【私の評価】★★★★☆(84点)


■仕事をしていると、
 「この人は口がうまいな!」
 という人がいるものです。


 口がうまいとは、 
 アナウンサーのように話が流暢という
 ことではありません。


 その場、その場で
 適切な発言ができるということです。


 この本では、ヤクザを例として
 競争社会で出世していくための
 上司対処法を学びます。


・「あんな課長の下じゃ、やってられねえよ」
 とボヤくのがサラリーマンなら、
 「いまに見てろ
 と闘志を燃やすのが、大志を抱く若い衆なのである(p4)


■まず、最初は、やる気のない上司でしょう。


 どんな提案をしても却下する。


 どこにでもいそうな上司ですが、
 こういう場合は、「自分の手柄になるかも
 と思わせることが大事です。


 いつでも止めることができますよ、と提案し、
 実施決定の言質さえ取れれば、
 責任は上司が取ってくれるのです。


・(もし、うまくいったら自分の手柄になる)・・・
 この"スケベ心"をうまく刺激してやれば、上司は必ず乗ってくる・・・
 「ちょっと当たってみましょうか」・・・
 いつでも手を引けますよ―というニュアンスで話を持ちかければ・・・
 こうしてゴーサインを出させておいて、
 「課長、ちょっと面倒なことになりました」・・・
 抜き差しならない状況に追い込むのである(p87)


■逆に、イケイケバンバンの上司なら
 従順に従っていく必要があるでしょう。


 しかし、周囲の主流派からは、
 警戒されているはず。


 必ず、情報収集を兼ねて
 「頑張っているようだが、大変そうだね」と
 聞かれると思います。


 そうした時に、上司を批判せずに

 「部下として、全力で自分の役割を果たしています

 と言えるのかどうかということです。


・おまえ、本部長のやり方をどう思う?・・・
 自分は組の指示に従うだけですが、補佐の組を思うお気持ちには
 敬服いたしました。それにこたえられるよう頑張ります(p35)


■仕事とは人間関係だと思います。


 そして人間関係は、日頃、口にしている
 言葉で形づくられます。


 その一言が、人生を左右するかもしれない。


 緊張感を持って発言しなくてはと感じました。


 向谷さん
 良い本をありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私の知る若手ヤクザの一人は、呑むと、いつも同僚に夢を語る。
 「もしオレが理事長の立場だったら・・・」
 夢が、実現可能かどうかは問題ない。
 (こいつについて行けば、自分の将来が開けるかも知れない)
 という期待感を同僚に抱かせればいいのだ(p82)


・「おう、タバコ買ってこい」
 「ハイ!」
 これがフツーの駆け出し。・・・
 「買ってあります」・・・
 (こいつ、気が利くな)(p54)


・"自慢人間"は凧である。 
 「ほう」
 「ヘーッ」
 「なるほど」
 感嘆の相づちを打ってやれば、凧が天高く舞い上がるように、
 ますます有頂天になっていくからである(p69)


・部下のために、身体を張って経営トップに談判する。
 こんな上司がいるだろうか。
 いるわけがない。
 いや、「そんな上司は、会社人生をまっとうできるわけがない」(p91)


・部下を扇動し、主流派に噛みつき、一目置かれることで
 出世するのは熱血漢上司だけであり、
 実働部隊の部下たちは死屍累々となる(p26)


実戦!「困った上司」とつき合うヤクザ式心理術
向谷 匡史
福昌堂
売り上げランキング: 34,591

【私の評価】★★★★☆(84点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

1章 困った上司と「つき合う」技術
2章 困った上司の「心をつかむ」技術
3章 困った上司を「動かす」技術
4章 困った上司に「取り入る」技術
5章 困った上司を「かわす」技術
6章 困った上司に「切り返す」技術
7章 困った上司に潰されない「デキる部下」になるために


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)