本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ヤクザ式ビジネスの「土壇場」で心理戦に負けない技術」向谷 匡史

2007/12/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザ式ビジネスの「土壇場」で心理戦に負けない技術

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■ヤクザに限らず、仕事でのコミュニケーションは、
 一種の戦いです。戦いだからこそ、
 事前の準備と作戦が大切です。


 この本では、ヤクザの手口のなかから、
 仕事で使えそうなテクニックを教えてもらえます。


■一例として、商品を売り込もうとしている営業マンと、
 購買担当者を考えてみましょう。


 値下げ交渉で、ヤクザは、
 どうするのでしょうか?


■まず、論点を自分に優位なものに
 変えることが、ポイントとなります。


 つまり、( 価格 )ではなく( 製品の価値 )に
 論点を変えて、自分の土俵に相手を乗せるのです。


 ・「他社の製品の比べて割高じゃないですか?」・・・
  ここは、「この部品を使った御社の営業成績はいかがですか?」
  自分の土俵に相手を乗せる。・・・
  「対前年比で30パーセントの伸びなんです。
  ということは・・・(p20)


■また、質問で攻めるのも有効です。


 質問されることで、相手に考えさせ、
 結果して相手は
 こちらの土俵に上がることとなるのです。


 ・「お宅の見積、ずいぶん高いじゃないの」
  「申し訳ございません。上司と詰めてみます」
  これではだめなのだ。ヤクザならどうするか。
  「なぜ我が社の見積が高くなっているか、
  考えていただけましたか?」
  質問で切り返す。(p3)


■誠実さと自社製品への自信だけではなく、
 それを相手に納得しもらうために
 こうしたテクニックが生きると感じました。


 ★3つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・「だろう?」
  「違うかい?」
  主張の一つひとつを相手に問いかける。
  相槌を求めるのだ。(p64)


 ・「申しわけありません」頭を下げる。
  それでおさまればよし。もし相手がカサにかかってくれば、
  じっと頭を下げつつ虎視眈々と"失言"を狙う
  「まったく、お宅の上司、どんな教育を・・・
  こんなものを言おうものなら、
  「ちょっと待ってください。私は何を言われても構いませんが、
  上司の悪口だけは許せません!」
  大声を出して問題を大きくするのだ。(p117)


 ・出世する若い衆には一つの共通項がある。
  返事だ。
  「わかりました」「すみません」この二つだけ。
  出世できないボンクラは、この二つのあとに
  「でも」と「しかし」がつく。(p235)


▼引用は、この本からです。

ヤクザ式ビジネスの「土壇場」で心理戦に負けない技術
向谷 匡史
情報センター出版局 (2004/09)
売り上げランキング: 5357
おすすめ度の平均: 4.0
4 面白いし、役に立つ(かも)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■著者紹介・・・向谷 匡史(むかいだに ただし)

 1950年生まれ。
 週刊誌記者を経て、作家となる。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: