本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「かしこい人は「器」が小さい」伊吹 卓

(2007年12月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

かしこい人は「器」が小さい―もうひと回り自分を大きくする方法

【私の評価】★★★★☆(86点)


■人間には、があります。


 人間の器とは、測るに測れぬものですが、
 その人の人生を左右する
 重要な指標でもあります。


 この本では、( 人間の器 )をテーマに
 著者が自分の経験談を交えて、
 エッセー風に語ってくれます。


■人間の器を大きくするコツは、
 3つに集約されるのですが、
 それらが、著者の経験談から導き出されるのが、
 本書の素晴らしいところでしょう。


 ・器を大きくするためには・・・
  1 自分をつくる - 自己啓発
  2 自分を捨てる - 我を捨てる
  3 人のために生きる - 奉仕(p126)


■たとえば、著者は若い頃、気が強いタイプでした。


 ですから、筋が通らないことを言う人は、
 はっきりとそれは間違っていますと
 主張していたようです。


 しかし、47歳にして、そうした表面的な強さが、
 人を遠ざけ、仕事を失敗させる原因となっていた
 ことに著者は気づいたといいます。


 腹が立ったら、バカになって、
 「目からうろこが落ちました」と言えるかどうか。
 それが、器なのです。


 ・「腹が立ったら、ありがとう」・・・
  もとの言葉は、もう少し長いのです。
  「お前がかしこいことは、俺がよく知っている。
  ここはバカになって、
  人の話をよーく聞け。腹が立ったら、
  ありがとうと思え
。」(p168)


■著者の体験談が多く、
 充実した内容でした。

 ★4つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ぺんてるの堀江幸夫社長(当時)は、
  ひまを見つけては問屋や小売店を訪問して、
  「ぺんてる商品に対してお客様から苦情がでてませんか
  とたずねて回ったというのです。(p52)


 ・人生の方針を立てるには、
  どのようにしたらよいのでしょうか。
  私の経験からいったら、まず三日坊主をやることです。・・・
  やってみたいことを全部やってみることです。
  私は二十五歳までに三十種類やりました。(p127)


 ・アパレル・メーカーの(株)ワールドの木口衛会長に・・・
  「経営で大切なことは何でしょうか。一つ教えてください」
  といったら、
  「そうですね。人を怒らせたらいかん、ということですね」
  とポツンといわれました。(p150)


 ・結論からいえば「教えたがる人は、程度が低い」のです。
  ・・・「百聞は一見にしかず」「教えることはムダである」
  「体験したことしかわからない」・・・「現場主義」(p165)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★★☆(86点)


■著者紹介・・・伊吹 卓(いぶき たく)

 1932年生まれ。
 60年電通にコピーライターとして入社。
 66年渡米し、セールスアイディアを研究。
 現在、商売科学研究所会長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: