「人生論としての読書論」森 信三

| コメント(0) |

人生論としての読書論

【私の評価】★★★☆☆(79点)


「修身教授録」「人生二度なし」を著した
 教育者 森信三先生の読書哲学です。


 硬めの文体ですが、
 読書への思いは
 私と同じだと思いました。


 それは、読書が
 人生を豊かにしてくれる。


 だからこそ、

 「読書の良さを伝えたい!」

 ということです。


・「読書とは意外にも楽しいものだ」ということの実感を、
 如何にして人々に与えるかという点に、
 読書指導の真の要諦はあると言うべきであろう(p28)


■森先生は教師ですので、
 生徒に読書をしてもらいたい。


 そのためには、
 生徒を指導する先生に
 本の素晴らしさを知ってもらう必要がある。


 そのために、
 読書会のようなものをやったり、
 いろいろ企画するのですが、
 うまくいかない場合が多いようです。


 どのような本を読むか
 課題図書とするかが
 勝負をわけるとのこと。


・全員読書会の場合、もっとも大事な点は、
 テキストの選択を誤らぬということであろう・・・
 リーダー格の人ひとりの独走に終わる場合が多く・・(p228)


■なお、
 この本の中で森先生が推奨する図書は
 以下のとおりです。


 ちょっと固めの本が多いですね。


▼「レ・ミゼラブル」「アンナ・カレーニナ」「戦争と平和」
 「カラマーゾフの兄弟」「罪と罰」「ジャン・クリストフ」

▼「代表的日本人」(内村鑑三)

▼「二宮翁夜話」(福住正兄筆記)

▼「ゲーテとの対話」エッケルマン

▼「正法眼蔵随聞記」

▼「歎異抄」

▼「幸福論」カール・ヒルティ


■私の結論も同じです。


 結局は、よい本を読んでもらうしかない。


 そのために、このメルマガを出しているし、
 出さなくてはならないのです。


 森先生、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・読書に打ち込んでいない人には、読書の真の趣は分からぬ・・・
 珍しい食べ物を、まだ食べたことのない人間に、
 その味の分かろうはずはないというのと同然だからである(p20)


・人間は、自分のこの体を養うためには、それぞれ有形の
 食物を摂取することを怠らない・・・
 ところが今心の食物としての読書については如何であろうか(p29)


・書物を読みたいと思いながら、どうももう一つ読めないで
 悩んでいた人からのたよりによると、結局毎日一定の
 読書時間を決めて、それを厳守する
ことにしたところ、
 それ以後非常に結果がよいというのである(p79)


・授業の空き時間は、ビッシリ本を読んだものであり、
 そして授業後も二時間前後を、学校に居残って読むことにしていたゆえ、
 わたしの学校での読書は、計五時間ということになり、
 さらに家へ帰ってからの読書が、
 これまた最低二時間から三時間前後は読んだ(p81)


・大事なことは、
 (一)全的感動をもってということと、
 (二)今一つは、一気呵成ということであろう(p117)


人生論としての読書論
森 信三
致知出版社
売り上げランキング: 29692

【私の評価】★★★☆☆(79点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)