「企画力」田坂 広志

| コメント(0) |

企画力 (PHP文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■シンクタンクでの仕事の長い田坂さんの一冊。


 シンクタンクとは現状を分析し、
 新しい企画や事業を立ち上げるのが仕事。


 しかし、ただ企画すればいいわけではなく、
 現実に実行され、
 成果を出すことが最終目標です。


・「何を行うか」よりも
 「なぜ行うか」を語れ(p56)


■しかし、
 新しい企画を成功させるまでには
 いくつかの壁があります。


 最初の壁は、採用の壁。
 まず、権限者から選択され、
 実行の決定を受けなくてはなりません。


 二つ目の壁は
 計画する人と、実行する人の壁。


 企画された業務は、
 ときに骨抜きにされ、
 形だけ実行した証拠が最後に提出されるのです。


・現場の協力が得られず、ときに抵抗に遭うときの原因は、
 多くの場合、「勝手に立てた企画を、現場に押しつけてくる
 という組織心理が生まれてしまうことです(p22)


■企画は当然中身も大切だけれども、
 根回しも重要だし、
 仲間つくりも大事。


 結果として、人を動かし、
 成果を出せるかどうかなのでしょう。


 バカになってその企画に
 頭を突っ込んでいく人が
 必要なのだと思います。


 田坂さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・読みやすい企画書は
 「自問自答」のスタイル(p84)


・「表の企画書」だけでなく、
 「裏の企画書」をつくる・・・
 「社内」を向いた企画書をつくる。(p126)


企画力 (PHP文庫)
企画力 (PHP文庫)
posted with amazlet at 12.09.02
田坂 広志
PHP研究所
売り上げランキング: 35163

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)