本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人生で起こること すべて良きこと」田坂 広志

(2015年8月18日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生で起こること すべて良きこと

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■田坂さんと編集者の対談形式の一冊です。


 人生で起きる「逆境」を話題の中心に
 話が進んでいきます。


 人は誰でも、職場の人間関係や、
 お金や健康で悩むのでしょう。


・「逆境」とは
 自分の可能性を引き出してくれる
 素晴らしい「成長の機会」(p36)


■昔から人として大成するためには、
 「戦争」「投獄」「大病」を
 経験しなくてはならないと言われています。


 田坂さんも、30年間に
 余命何年と告知されたという。


 苦しみの日々だったようです。


 しかし、
 「今に生きる」
 と病気を受け入れた時、
 病気は消えてしまったという。


・「命あるだけで、有り難い!」
 その覚悟でしょう
 そして、人間、この覚悟を掴むと、強い(p172)


■人生、すべてが
 うまくいくはずもありません。


 ただ、失敗しても、
 それを通じて人は成長する。


 そうした田坂さんの達観を
 感じることができました。


 田坂さん、
 良い本をありがとうございました。

────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人生において、
 「成功」は約束されていない
 しかし
 人生において、
 「成長」は約束されている(p31)


・我々日本人は、昔から、
 「逆境」というものを、尊いものと
 思ってきたからです(p33)


・深い自己嫌悪に陥るということは、
 自分に求める理想が高いからです(p55)


・「すべてを自分の責任として引き受ける
 という心の姿勢が、私に、
 一つの「強さ」を与えてくれた(p85)


・他人への嫌悪感も、自分自身への嫌悪感も、
 その生々しい感情や思いを、抑圧せず、
 ありのままに言葉を尽くして書き出していくと・・
 別な感覚や思いが、心に浮かんでくる(p109)


・自分の中にある「嫌な面」を抑圧して
 外に出さないようにしていると、
 その抑圧した「嫌な面」を他人の中に見るとき、
 その人に対する嫌悪感が、増幅されてしまう(p120)


人生で起こること すべて良きこと
人生で起こること すべて良きこと
posted with Amazonアソシエイト at 15.08.18
田坂 広志
PHP研究所
売り上げランキング: 943

【私の評価】★★★☆☆(79点)


だれもが、「苦難は良きこと」と思えるわけではありません。いろいろ経験してわかるのでしょう。そういう意味では、本を読んで予習しておくと、苦難を乗り越えやすいかもしれませんね。

Posted by 本のソムリエ on 2015年8月17日


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 悪循環の夜型、好循環の朝型
第2章 なぜ、早起きは続かないのか?
第3章 根性や意志力に頼らない「起きる技術」
第4章 理想の生活習慣に変わる5つのステップ
第5章 短時間で仕事を終わらせる高密度仕事術
第6章 実践編―朝型生活に変わった3人のケース


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

いつもメールマガジンを拝見しております。

仕事のスキルアップや生き方を勉強するために、
本のソムリエさんのメルマガを参考に本を読んでおります。

ご紹介頂いた「人生で起こること すべて良きこと」を
昨日読みました。

とても感銘を受けて、読後涙が出てきました。

いま自分の中でも逆境の時で仕事が上手くいかず、
職場の人間関係もギクシャクしております。

その中で、出会ったこの本が自分の状況を打破するのに
まさにそのものでした。

それ以上にこの本をこのタイミングで本のソムリエさんがご紹介していただいた事に
とても感謝して、涙が出てきました。
本当に有難うございます。

たぶん好調な時にこの本を読んでも「いい話ですね」で終わっていたと思います。
まさにいまだからこそ心に沁み入ったと思います。

この本では心を強くするために、常に感謝の「有難うございます」を言う事を推奨しております。
ですので、本のソムリエさんに感謝の気持ちをお伝えしたくてメールしました。
改めて、有難うございます。


同じカテゴリーの書籍: