「逆境の教科書」山口 伸廣

|

逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法

【私の評価】★★★★☆(85点)


■十数社の会社経営に携わってきた
 山口さんの一冊。


 山口さんの人生は、失敗の連続
 一勝九敗であったといいます。


 ただ、その失敗を通じて
 成長した自分があったのです。


・色々な試練があったことと思います。
 そのすべてをあなたは乗り越えてきたからこそ、
 あなたはいま、生きている(p46)


■逆境の中では、
 人は非常に苦しみながらも、
 普段の数十倍の力を発揮します。


 そして、その逆境を通じて、
 そうした失敗することがない人に
 成長するのです。


 そういう意味では、
 逆境とはチャレンジする人への
 成長へのアドバイスなのでしょう。


逆境の最中に「あなた自身が」あなたを救う・・
 逆境の最中、あなたの中の「生きる力」が輝き、
 あなたを救出してくれるのです(p45)


■人は経験しないと、
 本当には理解しないといいます。


 著者も会社を乗っ取られました。


 そうした逆境を乗り越えた著者だからこそ
 伝えられることがあるのだと
 思いました。


 現在は、デキる人を
 小さな会社の社長にして、
 育てているそうです。


 山口さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・あなたが体験している逆境の中に、
 あなたが再起するきっかけが
 必ずある(p35)


・「考える」と「思い悩む」は違う・・
 「感情」をいったん排する(p102)


・「正解」ではなく、
 良さそうだと思うことを
 色々と「やってみる」・・(p141)


・「役にたちそうだな」と思ったことを、
 どんどんスケジュールページに書き込んでいくのです。
 特に大切なのは、人に会うこと・・(p58)


・さまざまな逆境の中で、
 みずからの個性を発見し、
 「強み」に変えていくことで、
 人は必ず「その人だからできること」
 にたどり着きます(p181)


・逆境のときこそ、
 人は「本当の味方」を
 得ることができます(p181)


・最悪の事態を想定しておく・・
 最悪の事態を想定しておいたほうが、
 そうならないための方策を具体的に
 講じることができます(p116)


・どんなに成功した人であっても、
 一直線に成功できるということはありません。
 必ず何度も失敗を重ねています。・・・
 「失敗」はそのまま「試行錯誤」(p142)


逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法
山口 伸廣
集英社
売り上げランキング: 9,774

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 逆境は必ずなんとかなる
第2章 逆境を乗り越える5つのアクション
第3章 逆境のときするべきこと
第4章 逆境を乗り越えた先に広がる世界


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)