「経営の大原則―21世紀の経営者は松下幸之助を超えられるか」江口克彦

|

経営の大原則―21世紀の経営者は松下幸之助を超えられるか

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■1989年に亡くなった松下幸之助。
 その松下の経営の本質を、
 21世紀の経営者に語ってもらうという一冊です。


 経営者から語られる松下幸之助の
 エピソードが面白い。


・『これ、なんぼで仕入れてんねん』
 購買課長が懸命に資料を繰って探していると、
 『資料見んとわからんのかいな。わしやったら○○円でやるで
  できるはずや』と、こんな調子である。・・・
 松下創業者は『半額でせえ』と言われるのだ。(p164)


■共通点があるとすれば、
 だれもが松下幸之助に畏怖の念を
 持っているということ。
 只者ではない。


 それは知識もありますが、
 人を動かす「言葉」にも
 不思議な力があったからでは
 ないでしょうか。


 「コストを半分にせえ」
 こうしたことを要求し、
 やらせる力です。


・コストは下げれば利益は出ます。ただ、
 従来のつくり方をそのまま踏襲してコストを5%なり10%
 下げようとすれば血の小便が出ますわ。
 そやけど、最初からコストを30%下げて同じ品質のものを
 つくろうと考えれば、仕事が楽しくてたまりません
 (松下幸之助)(p131)


■結局は、自分でも仕事はできる。
 その前提で、仕事を人にしてもらう。
 そうした力量が必要なのでしょう。


 松下幸之助の本はすべて読むつもりです。
 PHPさん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・錦の御旗がないといけませんな。
 私自身も気の弱い人間や
 それが何か錦の御旗をかついだときえらく強くなる。
 社員かて同じや。
 社長は社員の出来・不出来に気をとられないで、
 錦の御旗を見つけることが仕事ですな(松下幸之助)(p127)


・あとから考えると、松下さんはこうせいああせいということは
 絶対言わない人でした。それよりも、出てくるたびに
 「いい考え浮かんだか?」と言ってニコニコして聞かれる・・
 「昨日も言うたやないか、何も進歩してへん。変わってへんやないか。
  そんなんやったら聞く必要ない
」。
 それの繰り返しです(樋口廣太郎)(p67)


・松下さんはこう言っている。
 「七割年功序列で三割抜擢人事。これがいいと。
  しかし、将来的にいちばん理想は、七割抜擢人事で
  三割が年功序列。これがいい」。(江坂彰)(p84)


・上の二割は、誰に言われなくても、いつも革新的なことを
 考えている人たち、まあ、事業の推進力ですな。次の二割は
 上の二割を憧れの目で見ている人、自分もああなりたいと
 勉強はしているんだが、助手の位置に甘んじている。あとの
 六割は、神輿のまわりをウチワで煽いだり水かけたりするのが 
 いますやろ、あの連中ですがな(松下幸之助)(p126)


【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)