本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「自分を高め会社を動かす99の鉄則」新 将命

(2011年5月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

[新版]自分を高め会社を動かす99の鉄則 (PHP文庫)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■新(あたらし)さんは、
 コカ・コーラ社やジョンソン・エンド・ジョンソン
 で経営者として生きてきた方です。


 アメリカの経営者というのは、
 こう考えるんだということが
 わかる一冊だと思います。


・いい会社と悪い会社の差の一つは、・・・
 「誰が」いったかではなく、「何を」いったかが
 重要であるという雰囲気である。(p164)


■具体的な著者の体験が少ないような
 気がしましたが、
 ノウハウを体系化しているのが
 アメリカらしいなと感じました。


 たとえば、
 役員になると"コヒコクの危険"がある。
 リーダーシップはKKMHSで。
 成功法則はT×P×D=S。
 良い会社の条件は三つのP、
 という感じです。


・最も重要な言葉・・・
 1 word "We"(われわれ)
 最も重要でない言葉
 1 word "I"(わたし)
 コカ・コーラ者の元社長ウッドラフ氏(p89)

■あまりの豊富な内容に
 まとめにくいのですが、
 私の上司と同じことを言っているな~と
 思いました。


 この本がネタ帳なのでしょうか。


 新さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・一日一冊の"買書家"を自認するわたしの場合、
 これらのこま切れ時間は、たいてい読書に当てる(p135)


・たとえば<コスト低減>は「何月何日までにコストを
 何パーセント下げる。そのためにはいつ、誰が、どのように、
 何をする」というように考えてこそ初めて、
 実行を前提としての目標になる(p205)


・たとえば、15年という社歴のある社員の給与が
 全員同じだったとしたら?
 これは誰が見ても<平等>であるけれども、
 決して<公正>ではない・・・
 機会は平等に、評価と処遇は公正に-というのが
 私の考え方である(p187)


・<定義>海外援助とは
 「金持の国の貧乏人の金を、
  貧乏な国の金持に与えること」(p87)


・スタッフ部門の人で、時々ラインに対する命令権がない
 ことを理由に、隔靴掻痒(欲求不満)的な弁を漏らす
 人がいるが、スタッフとは、直接の指示・命令権がない
 にもかかわらずラインに影響を
 与える必要があるのである(p251)


[新版]自分を高め会社を動かす99の鉄則 (PHP文庫)
新 将命
PHP研究所
売り上げランキング: 25785

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: