本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目」新 将命

(2010年3月11日)|

経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目

【私の評価】★★★★☆(86点)


■新さん「リーダーの教科書」がなかなか良かったので、
 新さんの別の本を買ってみました。


 今回は、経営者向けの一冊です。


■やはり大企業の経営者となると実務はほとんど
 ありませんので、人とのコミュニケーションが
 非常に重要になるようです。


 つまり、会議で、または部下の報告に対し、
 どのように対応するのか、
 ということです。


・お互いに一歩も譲らず、場の雰囲気が悪くなってくると、
 私は決まって「我が信条」に照らしたら・・・
 とやるのである。(p33)


■やはり経営者たるもの、
 あるべき姿を考え、部下に対し
 高いレベルの仕事を求めていく必要があります。


 それは、会社の方針に合っていなくては
 なりませんし、また、
 その部下が自分で考え、行動できるように
 導いていかなくてはならないわけです。


・役員はこう答える。「問題点については理解した。
 ところで訊きたいのだが、きみはこの問題を解決するために、
 いままで何を考えて、何をやったのか。この先は何を考え、
 何をやろうとしているのか」(p144)


■もっとこうした新さんの
 部下指導のコツを教えてもらいたかったのですが、
 書籍では限界があるのかもしれません。


 それでも名言やジョークも多く、
 新さんの講演のネタなのかな・・・
 などと考えながら読めました。


 レベルは高いと思います。
 新さん、よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分がしゃべったすぐあとで、相手に対して
 「いまの話、どう理解した?」と水を向けて
 その場で相手にくり返してもらう・・・
 ときどき驚くほどニュアンスが異なっていて
 肝を冷やすことがあった(p227)


・「Excellence is a thousand details.
 (卓越とは、1000の細かいことである)」
 という表現がある。(p90)


・アメリカ人のこんなジョークを紹介する。
 「ハムエッグにおいて、ニワトリは参加しているだけだが、
 ブタはコミットしている」・・・
 ブタは自分の命と引き替えにハムになる(p117)


・・本を読む(一日最低一時間)・・・ジムで汗を流す(週に最低二回)
 ・経営者の勉強会やセミナーに顔を出し・・・(月に最低二回)
 ・プライベートの海外旅行に行く(年に最低一回)(p153)


・イギリス人の先輩から教わった
 「慢性的な残業は無能力の証であり、悪徳である」
 という言葉がいつも心のなかにあった(p154)


経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目
新 将命
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 169
おすすめ度の平均: 4.5
1 内容が薄いと思います。
5 久々に、ドッグイヤーしまくりです
5 非常にシンプル。でも、深いです
3 当たり前の内容だからこそ価値がある
5 「教科書」としては最良です。長く読み続けられると思います。

【私の評価】★★★★☆(86点)



■著者紹介・・・新 将命(あたらし まさみ)

 1936年生まれ。
 シェル石油、日本コカコーラ、ジョンソンエンドジョンソン、
 フィリップスを含む6社で経営者となる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: