本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「吉越式会議」吉越 浩一郎

(2010年1月12日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉越式会議


【私の評価】★★★★★(94点)


■「天使のブラ」トリンプにおいて
 19年連続増収増益を達成した
 吉越さんが教える会議のコツです。


 19年連続増収増益の原因は、
 やはり短時間に何十もの議題を処理していく
 早朝会議にあったようです。


■早朝会議では、立派な資料は使いません。
 プロジェクターも書類のハガキサイズの
 部分しか映し出しません。


 したがって、書類はポイントが
 簡潔に書かれたものであったとのこと。


・上司への報告のために、わざわざパワーポイントを使って美しい資料を用意するところもあるようですが、私に言わせれば、そんなものは愚の骨頂です。だいたい、なぜ社内の人間に説明するのに、そこまで手をかけなければならないのか。(p212)


■気になることをどんどん質問し、
 不明な点は締切りを決めて担当者に
 依頼していきます。


 社長自らが質問し、会社の課題を見つけ出し、
 毎日改善していっているような
 イメージでしょうか。


・日々、新たに発生してくる課題や問題から、そういう「分かっているけれど、なかなかできない根深い問題に対する対策」を会議で上手くあぶり出す。(p76)


■実は、私の職場でも同じような会議を
 やっていますが、
 やはりリーダーの資質が会議を左右する
 のではないか、というのが私の感想です。


 単純に見ていて、自分にはまだ
 会議をリードできないとおもいます。
 (いつか上司のようになりたいものです)


・私が会議を始めた頃も、それこそ反発の山でした。・・・「やるヒマがありません」「どうして私が・・・だから重要なのがデッドラインでした。いつまでにやるのか、をはっきり決めるのです。忙しいのなら、いつならできるのか(p237)


■吉越さんのこれまでの書籍と違うことは、
 早朝会議をゆっくり導入しましょうと
 書いてあることです。


 吉越さんの真似をして、
 担当がパンクした会社が多かったからでは
 ないでしょうか。


 それでも非常に参考となる一冊でしたので、
 本の評価としては★5つとしました。


 吉越さん、よい本をありがとうございます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・やり直しを命じる場合のデッドラインは原則として翌日でした。「なるべく早く」などという曖昧な指示はありえません。(p21)


・どんな青がいいか、などは、それなりに経験を積んだ担当者が決めるべきことです。・・・問われるべきは、担当者の結論のロジックに、議長をはじめ参加者が納得できるかどうかです(p48)


・部下が「できそうにない」といった表情をしたときに、何がそうさせているのかを、問いただしていけばいいのです。(p71)


・議事録作成ルール、稟議書などについて、細かな社内ルールが冊子にまとめられていました・・・マニュアルがあれば、新入社員に渡して読んでおいてもらえばいいのです。(p88)


・展示会後の反省会・・・よかった点と問題点を箇条書きにする一方で、問題点の改善点を書き出していくのです。この改善点は当然のごとくマニュアルの変更となり、次回以降のスムーズな実施に繋がっていきます。(p198)


・これだけはやっておこう、という大きな課題から始める意識を持つことが大切です。あれもこれも、と張り切りすぎると、部下への負荷が大きくなりすぎてしまうのです(p240)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・吉越 浩一郎(よしこし こういちろう)


 1947年生まれ。極東ドイツ農産物振興会、メリタジャパン、メリタ香港を経て、83年トリンプ・インターナショナル(香港)入社。86年よりトリンプ・インターナショナル・ジャパン勤務。87年代表取締役副社長、92年代表取締役社長。2006年退任するまで19年連続増収増益。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: