本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「微差力」斎藤 一人

2010/01/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■日本漢方の斎藤一人さんの一冊です。


 一人さんの講演会は、
 それがそのまま本になってしまうくらい
 面白いのもので、
 この本もそうしたお話がベースとなっています。


■ここで微差力とはなんでしょうか。


 それは、成功している人がやっていることを
 観察して、真似てみよう!ということです。


 お店だったら、笑顔だね、服装だね、
 ラーメン店だったら、味だね、と
 今、流行っているお店の真似をするのです。


 それはトイレがきれいだったり、
 看板が大きいことだったり、
 ちょっとした差かもしれません。


 ただ、そのちょっとした差
 いくつも積み重ねることで、
 トップになれるというわけです。


・たとえば、儲かってないラーメン屋があるとします。・・・今、一番流行ってるラーメン屋を見てきて、自分のとこのラーメンの味を変えればいいのです。(p33)


■斎藤一人さんは、富士山の上に
 脚立を持って行って、
 脚立の上に立てば日本一だと言います。


 真似て、真似て、ちょっと工夫すればいい。
 それが日本一となる秘訣なのでしょう。


 一人さん、良い本をありがとうございました。
 本の評価は、★4つとします。


この本で私が共感した名言

・昔、家康が天下をとる前の徳川家って、今川家の属国だったんです。今川家は、敵に攻められても、自分のところからは兵隊を出さなかったんです・・・徳川家に戦争させてたんです。・・・秀吉が足軽のときに、それを聞いて、こう言ったのです。「そんなことをしていたら、徳川家だけが強くなって、たいへんなことになっちゃう」(p91)


・今、自分の目の前にいる人を喜ばせてください。外に目を向けちゃダメです。目を離しちゃダメなんです。そこで、微差、微差、微差を積み重ねていけば、そこから、絶対、ものが動き出します。(p122)


・人生は、自分の大切なものを見つける旅。私はそう思っています。この旅のなかで、私にとって、仕事はかなり大切です。そして、仲間はもっと大切です。(p137)


・最後には行動です。何も行動しないで、世の中は変わりません。安定は動くこと、です。自転車と同じです。止まっていると、倒れちゃう。(p147)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 斎藤 一人(さいとう ひとり)・・・1948年生まれ。銀座まるかん創業者。1993年から11年間連続で全国高額納税者番付10位以内。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: