本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「自己プロデュース力」島田 紳助

(2010年1月 4日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

【私の評価】★★★★★(92点)


■この本は島田 紳助が、吉本総合芸能学院(NSC)で
 漫才師の卵に、芸能界で「成功」する方法を講義した
 ものです。


 DVD「紳竜の研究」に収録されていましたが、
 本ではないので引用しにくいので、
 紹介していませんでした。


■紳助さんが話してくれるのは、
 正しい努力をしろ、ということです。


 それは、自分を知り、
 お客を知ってから、
 先輩のネタを研究して
 ネタを考えろ、ということです。


 そして、絶対勝てるところで勝負する。


 「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
 ですね。


・「X」は自分の能力。・・・「Y」は世の中の流れ。・・・
 この、「X」と「Y」がわかった時、初めて悩めばいい。
 「X」と「Y」がわからずにどんなに悩んだって、
 それは無駄な努力です。(p30)


■そして、努力の大切さを
 うまく説明してくれます。


 結果は、才能×努力。

 ただ、才能がない場合もある。


 けれども、努力できる能力があれば、
 必ずどこかで成功することができるのです。


■多分、普通の人が読んだら、
 「へー、そこまで考えて「お笑い」やっているんだ、
 とびっくりすると思います。


 やはり一流のプロは違います。


 非常にコンパクトな本ですが、
 読み応え十分で、
 本の評価としては★5としました。


 紳助さん、良い本をありがとうございました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・僕は自分が「オモロイ!」と思った漫才師の漫才を、
 片っ端からカセット・テープに録音していきました・・・
 今度は繰り返し再生して紙に書き出していく。
 書き出すことで、なぜ「オモロイ!」のかが
 段々とわかってきたのです。(p12)


・「父さん、昔NSCにおってん。才能なかったわ。
 だけどな、俺、全力でやってん。」って
 言えるぐらいのことをやらなくてはいけないんです。
 そこまでやって、初めて次に進めるんです。
 だから、最初に言った「5の努力」をして欲しいんです。(p102)


・今、いっぱいお金を持っている僕が、それでも、
 百パーセント君らに勝ったとは思えない。
 何が負けているのかと言ったら、それは、夢の数。
 そして若さ。(p125)


▼引用は、この本からです。

自己プロデュース力
島田 紳助
ワニブックス
売り上げランキング: 151
おすすめ度の平均: 4.0
5 よく考えているなあと感じる
1 暴力反対
4 自分のアピールの仕方を成功事例に基づき理解出来る
3 漫才にもマーケティング
4 島田紳助氏のマーケティング力にすぐれていることがわかります

【私の評価】★★★★★(92点)



■著者紹介・・・島田 紳助(しまだ しんすけ)

 1956年生まれ。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: