本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「哲学」島田 紳助、松本 人志

(2007年8月31日)|

哲学 (幻冬舎よしもと文庫)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■お笑いで成功したお二人の、
 お笑い人生を振り返っての対談集です。


 自分の人生について語るだけなので、
 まったく対談になっていないのですが、
 それはどうでも良いでしょう。


■どこの業界でも同じかもしれませんが、
 お二人ともマネからはじめたようです。


 先輩の成功例を徹底的に分析し、
 その良いところだけをマネるわけです。


・僕がパクっていたのは、洋七さんの
 "笑いのシステム"だったのだ・・・
 まずB&Bの漫才をテープに録って、
 それを全部紙に書き出す。
 それから、その漫才がなぜおもしろいのか・・・
 分析していく。(紳助)(p64)


■そうして先輩をマネているうちに、
 自分独特のリズムが確立し、
 ブレイクしてしまった。
 そういうパターンのようです。


 お笑い芸人といっても、一つの職業であり、
 お二人はプロの仕事師であることを
 再確認しました。


 才能も必要だし、努力も必要である。
 お笑いは仕事なのです。


■まじめにお笑いという仕事を極めたお二人の
 人生観はビジネスマンにも参考となると思います。
 ★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・漫才の内容を端から書きとめて、
 さらに、良いと思う部分には青線を引き、
 悪いところには赤線を引いていく・・・
 単純に青線だけを集めたら、
 完璧な漫才ができるんじゃないかと
 考えたからだ。(紳助)(p76)


・僕は子供に、勉強しろといったことがない。
 邪魔はよくするけど。
 「もうええやんけ。そんなに勉強したって
 人生変わらへん。それより遊ぼうや」
 子供が勉強しているとそうやって邪魔ばかりするので、
 いつの間にかあいつらは、
 僕が東京にいって留守の間に一所懸命
 勉強するようになった。(紳助)(p164)


・(紳助)誰かにちょっと負けてるなあと
 思ったときは、だいぶ負けてる(p54)


▼引用は、この本からです。

哲学 (幻冬舎よしもと文庫)
島田 紳助 松本 人志
幻冬舎
売り上げランキング: 30863
おすすめ度の平均: 3.0
3 ■笑いの哲学について二人が語ります。

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■著者紹介・・・島田 紳助(しまだ しんすけ)

 1956年生まれ。1977年に紳助竜介のコンビでデビュー。
 現在、「行列のできる法律相談所」などテレビレギュラー番組多数。


■著者紹介・・・松本 人志(まつもと ひとし)

 1963年生まれ。1982年に浜田雅功とコンビを組み、
 ダウンタウンとしてデビュー。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: