人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』」本田 直之

2009/04/10本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』


【私の評価】★★★★★(91点)


■レバレッジシリーズで、
 いつも品質の高い情報を提供してくれる
 本田さんの一冊です。


 今回は、会社の「経営」についてです。


 内容としては、
 継続的なビジネスモデル、仕組み化
など
 他書でも書かれている内容です。


 しかしながら、実際に自分で
 経営者としての経験談を上乗せすることで、
 説得力と迫力のある一冊になっています。


会社の事業やビジネスモデルを決める際には、「積上げ継続型」で売り上げていけるものを柱とすべきだ。一過性の売上の場合、「売上アップ」といった目標はなかなか達成できない(p87)


■たとえば、外部に学ぶためには、
 本から学ぶことが、最も簡単です。


 本田さんの場合は、自分も多量の本を読みますが、
 戦略を決める打ち合わせの前に、
 社員に同じ本を読ませ、
 共通の知識を持たせる
工夫などをしているようです。


・具体的な学ぶ方法として、手っ取り早く効果が出るのは読書であると私は思う。つまり、ビジネス書を読むのである。(p26)


■また、印象に残ったのは、
 本だけではなく人からも学ぶということ。


 経営者というのは、食事の時間でさえ、
 効果的に計画・実行していかなくては
 ならないのでしょう。


・ランチのみならず、ディナーでも飲み会でも
 単なるお茶でも、「外部とのつながりを持たない
 経営者は危険信号」
であると私は思う(p38)


■知っているようで、忘れがちなポイントが
 とてもよくまとまめていると思いました。


 これも実際に会社の経営に携わり、
 成功体験があるからなのでしょう。
 本の評価としては、★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スタッフを採用するのであれば、「いくらの広告を・どの媒体に・何回打ったら・何人応募が来たか」といったことをデータ化し、さらにそれを分析して仕組み化していく(p103)


・私がバックスグループでIR(投資家向け広報)業務を立ち上げた際、経験がない分、同じ規模でIRがうまい企業のやり方を10社ほど調べ、それをベンチマークとした。(p109)


上の20%のケアに力を注げば、彼らが60%の人を教育してくれるので、レバレッジが効く・・仕組み化については中間の60%の人に対して重点的に行い、誰もが成果を出せるようにフォローする(p222)


・私自身が以前そうだったが、「なんで部下は自分で考えてできないのか」と思ってしまう経営者は多い。・・・自分で考えて行動できる社員がいるとしたら、自分で事業を起こしているだろう。(p237)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★★(91点)



■著者紹介・・・本田 直之(ほんだ なおゆき)

 レバレッジコンサルティング(株)代表取締役。シティバンクなどを経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場。日米のベンチャー企業へ投資事業を行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役。コーポレート・アドバイザーズ・アカウンティング取締役。年の半分をハワイで生活する。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ

メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

お気に入りに追加本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: