本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「マネジメント改革の工程表」岸良 裕司

(2009年1月17日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

マネジメント改革の工程表

【私の評価】★★★★☆(80点)


■仕事を一人でこなすことができるようになると、
 次に新たな壁がやってきます。


 それは、チームで仕事をしていくことです。


 一人で仕事をしているときには、
 期限に合わせて自分の仕事をこなしていけばよいのですが、
 他人と仕事を分担していくとなると、
 簡単にいくはずがありません。


■この本では、そうした初心者リーダーのために、
 世の中の優れた親方(チームリーダー)が、
 どのように工程管理をしているのか教えてくれます。


■まず、親方は、部下に
 「どれくらいの期間で仕事ができるのか」を
 質問します。


 もし、答えが「二週間」であれば、
 それをバッサリ短く査定(たとえば一週間)して、
 その部下が予定どおり終われるか、終われないか
 のギリギリの納期を設定します。


 こうして、他の部下の仕事も
 厳しく査定していきます。


  ・サバ取りの議論の方法・・・ひとつは、バッサリ型。・・・
   バッサリと半分に切ってしまう。・・・
   オススメなのが、コミュニケーション型。・・・
   議論しながら、五分五分の期間に詰めていく(p165)


■しかし、こうしたスケジュールで
 全体のスケジュールを組み立てると、
 かならず遅れが発生します。


 そこで、親方はプロジェクト全体としての
 余裕を確保しておくのです。


 つまり、部下から余裕を引き剥がし、
 余裕は親方だけが持っている状態にするのです。


 こうすることで、部下はギリギリの納期に挑戦しながら、
 プロジェクト全体としては余裕を持っている
ので、
 安心して仕事ができるわけです。


  ・辣腕マネジャーは厳しい納期を部下に要求する。・・・
   さらには、上司はイザというときに
   「親方バッファ」を使って現場を守る。(p64)


■こうして見ると非常に単純ですが、
 思ったよりこの親方の知恵を知らない人は
 多いのではないでしょうか。


 プロジェクトに関係する人には必須の知識ですので
 初めて知った人は買いましょう。
 本の評価としては★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・日常の進捗管理をするのはとてもかんたんだ。
   作業担当者に「あと何日?」と質問するだけなのだ。(p84)


  ・「問題があるとしたら何がある?」と質問すること(p89)


  ・工程表を前から読むときに声を出すことは重要だ
   ・・・みんなの頭の中でシナリオを具体的にイメージ
   して考えるようになり、それがチェックにもなる(p156)


▼引用は、この本からです。

マネジメント改革の工程表
岸良 裕司
中経出版
売り上げランキング: 3686
おすすめ度の平均: 5.0
5 大企業病と改善のメカニズムがわかる
5 良本
5 人間中心の日本的CCPMの書
5 CCPMの解説本としては非常に分かりやすい
3 TOCをやさしく書いた本です

【私の評価】★★★★☆(80点)

■著者紹介・・・岸良 裕司(きしら ゆうじ)

 1959年生まれ。(株)ビーイング取締役開発部長。
 日本TOC推進協議会理事。
 84年京セラに入社。
 2003年ソフトウエア会社ビーイング入社。
 経営推進室長として経営改革に取り組む。


─────────────────

■関連書評■
a. 「目標を突破する実践プロジェクトマネジメント」岸良 裕司
【私の評価】★★★★★

b. 「クリティカルチェーン」エリヤフ・ゴールドラット
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: