本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「サラリーマン・サバイバル」大前 研一

2008/11/26本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(79点)


内容と感想

 コンサルタント会社「マッキンゼー」時代の大前研一氏の仕事術が非常に参考になる一冊です。


 大前研一氏は、「企業参謀」という書籍で出版デビューしましたが、これは、マッキンゼーの コンサルティングにおける手法(フレームワーク)をまとめたノートを書籍化したものでした。原子力技術者から経営コンサルタントとして転職し、右も左も分からない状況から、夜や土日に、マッキンゼーの過去の仕事の資料を読んでノートにまとめてたものです。これは、普通の企業においても、異動したらその職場にある書類を読みまくることで、より早くその職場に適応することができる、という応用がききそうです。


 また、大前さんの上司としてのスタンスは、自分がその仕事をやる覚悟をもったうえで、とりあえず部下にやってもらうという考え方です。つまり、自分がやるべきことをあえて部下にやってもらっている。部下が駄目なら、自分でやっちゃうよ、ということです。こうした覚悟を持っていれば、部下の能力が低くても、「部下を叱責する」必要もなく、余裕の気持ちで部下に仕事を任せることができるのでしょう。よく「こいつは使えない」などと部下を批判する人がいますが、そうした人は上司失格であると、バッサリ切っています。


・私には100の成果を出す責任がある。その一方では、上司として部下の力を伸ばす責任もあるので、とりあえず部下に仕事を任せる。・・・部下が97をやってくれれば、私は3しかやらなくてすむ。逆に部下が3しかできない場合、私はあとの97をやらなければいけなくなるわけだ。(p111)


 大前さんの仕事の考え方と、世の中の見方が参考となる一冊でした。一人ひとりの実力が求められるビジネスマンにお薦めの一冊だと思いますので、★3つとしました。


この本で私が共感した名言

・私は『マッキンゼー』で社員を何千人も見てきたが、不思議なことに、成功する人間としない人間には唯一、明らかな違いがある。それは、成功する人はどんな仕事でも厭わずにやるが、成功しない人は仕事を選ぶということだ。(p92)


・『マッキンゼー』の膨大な経験がマイクロフィッシュ(多数のコマを並べて撮影した約10センチ四方のマイクロフィルム)で東京事務所のライブラリーに置いてあった。就業時間が終わってから夜遅くまでマイクロフィッシュを読んだ。土曜・日曜も・・(p82)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(79点)



著者紹介

 大前 研一(おおまえ けんいち)・・・1943年生まれ。経営コンサルタント。マサチューセッツ工科大学博士。日立製作所、マッキンゼー日本支社長を経て、1992年に「平成維新の会」を設立。1994年マッキンゼーを退職し、「一新塾」「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を設立。現在、ビジネス・ブレークスルー大学学長、韓国梨花女子大学国際大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授、(株)大前・アンド・アソシエーツ創業者兼取締役、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校公共政策大学院教授、スタンフォード大学経営大学院客員教授等を務める。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: