本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙」喜多川 泰

(2008年7月 1日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜

【私の評価】★★★★☆(85点)


■手紙屋が「勉強」の意味を
 教えてくれる一冊です。


 多くの人は学生時代に、
 「なんで勉強しなくてはならないのか?」
 ということに悩みます。


 ある人は、勉強の意味を
 見つけることができず、
 反発して道を
 はずれてしまう人もいるでしょう。


■本人が、勉強の意味を見つけることができればいいのですが、
 可能であれば、勉強の意味を教えてくれてさえいれば、
 結果はかなりちがうはずです。


・「勉強」・・・「今までこの地球上に存在した人々が経験し、発見しては次の世代へ伝えてきたすばらしい知識や知恵を、今度は自分が受け継ぎ、自分のものにすること」(p88)


■また、手紙屋は、勉強には
 スポーツと同じ意味で良いところが
 あるといいます。


 つまり、一つのハードルを苦労して越えることで、
 努力により自分を成長させるという体験が
 経験できるのです。


・大切なのは、勉強という道具で自分を磨くことです。(p120)


■学校では、勉強だけで、( 勉強の意味 )を
 教えていないことが判明しました。


 学生さんなど、「勉強」という言葉に
 アレルギーのある人にお薦めします。
 本の評価としては、★4つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「やるべきこと」・・・『将来の自分が、今の自分にやっておいてほしいこと』(p136)


・あなたが「勉強する権利」を手に入れるために、どれだけ長い時代の人々が命を賭けて戦ってきたかという事実を考えても、今、たすきを手に走っている私たちの世代が、ちょっとやそっとの理由で途中棄権するわけにはいきません。(p214)


・まずは英文を読んだり、入試問題を解いたりする。そうすると、自分に何が足りないのかがわかる。・・・すると、自分のやるべきことが見えてくる。(p146)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(85点)



■監修者紹介・・・喜多川 泰(きたがわ やすし)

 1970年生まれ。大学卒業後、横浜で学習塾聡明舎を創業。高校生を中心に英語を教える一方で、授業に取り入れるべく自己啓発の研究を続ける。ひとりでも多くの若者に素晴らしい人生を送ってもらうためにできることはないかと執筆活動を開始。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: