本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本の真実」大前 研一

(2008年3月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■大前研一氏の強さは、
 海外を含めたコンサルタント経験から、
 視野が非常に広いということでしょう。


 歴史的な背景を説明しながら、
 問題を指摘して、
 こうすればよくなった事例があると
 ベスト・プラクティスを
 示すことができるのです。


大学の役割・・・「社会人として飯を食べていくために必要なスキルを身につける場所」である。・・・大学教育にアカデミックなことなんてまったく必要ないし、大学と呼ぶ必要もない。(p117)


■また、役人でもなく、産業界にも属さないため、
 制約のない自由な主張が
 できることが大きいと思います。


 特に政治については、核武装論、
 靖国問題の異常さ、
 役人の犯罪についてはっきり主張できるのは、
 しがらみをまったく考慮していないので、
 気持ちがいいくらいです。


・本来なら日本の新聞は、北朝鮮が核ミサイルを配備したら日本はどうするべきなのか、という問題を提起しなくてはならない。非核三原則は「我が国は核抑止力のない丸腰の国です」と北朝鮮に宣言しているようなものである。(p131)


■こうして読んでみると、海外の経験が長く、
 日本のあり方を指摘し、
 人材の育成に活動する大前研一氏は、
 現代の福沢諭吉ではないかと思いました。


 多くのしがらみから、
 すぐに実現は難しいのでしょうが、
 現実を直視し、率直に判断するとこうなるのだな、
 と思いながら、★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・日本政府は強い産業が嫌いである。アメリカが日本の強い産業(歴史的には繊維から始まって、テレビ、自動車、半導体・・など)が嫌いだからだ。日本政府はアメリカに目をつけられた産業の勢力を削ぎ落とすことを自分たちの任務と心得ている(p36)


・国の政策や予算を実質的に決定している官僚が私たち国民に損害を与えても、日本の現行制度の中では、その責任を問うことができない。・・・課長以上の公務員はすべて特別背任罪の対象とすべきである。(p146)


・日本人の大半は知らないようだが、銀行の企業に対する債権放棄は法律違反である。・・・銀行の株主は「なぜ、地獄の果てまで追いかけていって取り立ててこないのか」と言うべきである。(p137)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★☆(82点)



著者紹介

 大前 研一(おおまえ けんいち)・・・1943年生まれ。経営コンサルタント。マサチューセッツ工科大学博士。日立製作所、マッキンゼー日本支社長を経て、1992年に「平成維新の会」を設立。1994年マッキンゼーを退職し、「一新塾」「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を設立。現在、ビジネス・ブレークスルー大学学長、韓国梨花女子大学国際大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授、(株)大前・アンド・アソシエーツ創業者兼取締役、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、カリフォルニア大学ロサンゼルス校公共政策大学院教授、スタンフォード大学経営大学院客員教授等を務める。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: