本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「トヨタ流「改善力」の鍛え方―強者のノウハウはあらゆる場で必ず強い! 」若松 義人

本のソムリエ 2006/12/12メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


要約と感想レビュー

●トヨタ生産方式の本をたくさん読んでいくと、
 その考え方というもが、
 だいたいわかってきます。


 現場に行く、即実行、標準化、視える化・・・・


・改善は、まずやってみることだ。気づいたら即実行を心がける。(p21)


●しかし、実際にルーチンの仕事をしながら、
 ひと手間かけて改善していくというのは、
 言うのは簡単でも、実行は非常に難しいものです。


・トヨタ流は、なんにつけ、ひと手間を大切にする。(p49)


●それを行わせるのは、危機感なのか?
 使命感なのか?伝統なのか?


 私にはわかりませんが、普通の会社より
 はるかに改善が行われているのが、
 トヨタなのでしょう。


・大野耐一氏から改善を指示されたトヨタマンが、言われたとおりの改善を行った。朝、現場を見に来た大野氏に一喝された。「どうして俺が言うとおりにやる」・・・上から言われたとおりの改善をするだけではダメで、自分なりに工夫してさらにいいものを目ざすことが必要だ(p105)


●その改善は、トヨタ社内だけではなく、
 取引先まで及んでいます。


 取引先には迷惑でしょうが、
 取引先が強くなることで、
 トヨタはさらに強くなっていきます。


・取引先に問題があれば変えればいい。それも一つの選択肢だが、取引先とともに歩むというやり方もあっていい。(p166)


●「改善力」を鍛える本ですが、
 答えは見つかりませんでした。


 とにかく「変える」と考え続けることしか、
 方法はないのかもしれません。
 ★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・不便を感じながらも「規則で決まっている」とか「長年の慣例だから」とか理由をつけて変えることを拒む企業や人がある・・・「規則がまちがっている。まちがった規則はかえなくてはならない」とはトヨタ自動車最高顧問・豊田英二氏の言葉だ。(p34)


・スタッフの仕事は専門化する傾向がある。「この件はあの人でないと分からない」状態になってしまう。しかし実際には仕事の標準化が進んでいないだけの話で・・たいていのものは初心者でもできる。(p64)


・トヨタ流は、「決められたことを守る」ではなく「決めたことを守る」だ。(p118)


・原価というものは、下げるためにあるわけで、計算するためにあるんじゃない(p148)


・マンアワー(工数)は計算できるが、マンパワーは計算できない。知恵を出すことによって、能力は無限に広がっていく(p230)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(84点)



著者紹介

 若松義人(わかまつ よしひと)・・・1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。1984年以降は農業機械メーカーや住宅メーカーなどでもトヨタ方式の導入と実践にあたった。1991年韓国大宇自動車顧問。1992年カルマン株式会社設立。現在同社代表取締役社長。西安交通大学客員教授


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: