「大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代」ジム・ロジャーズ

| コメント(0) |

大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代

【私の評価】★★★☆☆(76点)


●リスクヘッジという言葉があります。


 自分が死ぬことを想定して、
 生命保険をかけます。


 自動車事故を想定して、
 自動車保険に入ります。


 大地震が来ることを想定して、
 非常用持ち出し袋を準備します。


 しかし、インフレを想定して、
 保険をかけている人はいるでしょうか。


・この45年間で見ると、商品はインフレヘッジの手段として
 株式と債権のどちらよりも優れているという。(p60)


●今、日本はデフレ対策という名目で金利ゼロにより、
 ジャブジャブお金を供給しています。


 これではインフレにしようとしているようなものです。


●さらに、需要と供給のバランスで決まるという物の値段は、
 中国という需要の増大により、かなり上がってきました。


・すでに世界的な商品供給不足の状態にある中、
 中国が底なしの食欲を抱えた消費者として
 急速に台頭していることは、
 需要面ではこれまで見られなかった現象である。(p162)


●こうしたインフレ(物の値段が高くなる)の対策としては、
 値段の安い今のうちに買っておくことでしょう。


 しかし、油や鉄やトウモロコシを大量に買って、
 家に置いておくことはできません。


●ところが、商品先物を利用すれば、あたかも
 それらの商品を買ったのと
 同じ効果を持つことができるのです。


・商品先物が優れているのは、そういった物理的なモノ、
 触ったり嗅いだりできる価値ある資産を、すべて容易に
 取引できる紙片に変えてしまうところだ。(p111)


●本書は、半分以上が、商品の優位性の説明となっています。


 全て読んでも世界の物の
 需要と供給がわかって面白いのですが、
 大切なのは分散投資には商品が必要ということでしょう。


・本当にポートフォリオを分散させたければ
 必ず商品を入れておくべきだ。
 商品投資は、株の下落相場や
 ひどいインフレに対してだけでなく、
 深刻な不況に対しても有力なヘッジ手段となりうる(p30)


●インフレ対策として株、債権だけでなく、商品がある!ということを
 教えてくれた一冊として★3つとしました。


●なお、商品投資の目的は、あくまでもインフレのヘッジですから、
 保険と同じように余裕の範囲内で投資すべきものであり、
 金儲けを目的にすることは避けたいものです。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・警告:商品価格が流れるのを
 長時間見続けると-精神的にも
 金銭的にも-健康を害する恐れがあります。(p144)


・鉛ほど好調な商品はほとんどない。(p255)


・中央アジアの旧ソビエト圏の共和国に
 投資するやつはアホだ。(p207)


大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
日本経済新聞社 (2005/06/23)
売り上げランキング: 1,257
おすすめ度の平均: 4.58
5 銅はゼロになることはないだろう
4 商品に投資しましょう。どうやって?
5 翻訳が出るまで待てず。。。

【私の評価】★★★☆☆(76点)



●著者紹介・・・ジム・ロジャーズ

 1942年生まれ。大学卒業後、米陸軍に従事し、その後、ウォール街
 で働く。ジョージ・ソロスと共同で国際投資会社クォンタム・ファンド
 を設立し、10年で40倍以上の驚異的なリターンを実現する。
 37歳で引退。世界をバイクや車で回り、コロンビア大学で教鞭をとる。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)