「娘に贈る12の言葉」ジム・ロジャーズ

| コメント(0) |

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉

【私の評価】★★★★★(93点)


■1970年代にジョージ・ソロスと
 「クォンタム・ファンド」を運営し、
 10年で40倍という結果を出した、
 伝説の投資家ジム・ロジャーズの一冊です。


 著者の未来を見通す力は、すでに2000年頃から
 「商品」や「中国」に投資していたことから、
 証明されています。


 この未来を見通す力は、
 どこから生まれるのでしょうか?


■まず、第一に、歴史を学び、情報を収集し、
 基本的情報をすべて頭に入れる必要があります。


 投資の神様といわれる人でも、
 基本はしっかり勉強しているわけです。


 ・私が投資をする際には、どんなステップも軽んじない。
  株に投資するときは、すべての財務諸表に目を通し、
  細かい注意書きも見落とさない。
  経営側が発表した財務諸表や
  見通しに関しては、
  すべて裏を取ることにしている(p22)


■さらに、自分で現場を見ることです。
 自分の目で見れば、必然的に結果が見えてくる
 というのが本質のようです。


 ・本の頼ってはいけない
  その目で世界を見ておいで(p40)


■著者の目から見ると「日本の将来は暗い」・・・

 私たちは、自らの努力によって、10年後に
 「この予測は間違いだった」と、
 著者に言わせなくてはならないのでしょう。


 ・日本の株式市場は安い・・・
  しかし、日本は長期投資向きではない。
  日本には小子化という深刻な問題があり・・・
  日本の財政赤字は悪化し続けている・・・
  かつては歴史上偉大であった国々が衰退していった
  のと同じように、日本も劇的に
  衰退していくのだろうか。(p104)


■未来を見通す伝説の投資家の思考が、
 この一冊でわかります。


 安易な投資に警鐘を鳴らす一冊として、
 ★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・自分自身で調べ、考え、確信できることを見つけなさい。
  そうすれば、ほとんどの場合、自分を押し殺して集団の意見に
  従うよりも、むしろ正しい行動をとることができる。(p8)


 ・世界へ踏み出す前に、まずその国の歴史を調べることだ。
  歴史を知らずに他の国に足を踏み入れても、君はその瞳に映る
  ものの大半を理解することはできないだろう。(p79)


 ・BRICs・・・世界を冒険した人間の視点からは、
  ブラジルと中国には強気になれても、ロシアには弱気であり、
  インドに対しては懐疑的にならざるをえない。(p45)


▼引用は、この本からです。

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉
ジム ロジャーズ
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 10901
おすすめ度の平均: 4.5
4 まっとうなメッセージを自信を持って娘に正面から伝える大事さを痛感した。
3 大切なことが詰まっています
5 大投資家の娘への愛
5 大好きなことに情熱のすべてを注ぎなさい
4 あのジム・ロジャーズが、人生と投資で成功するポイントを、独自の視点で解説する。

【私の評価】★★★★★(93点)



■著者紹介・・・ジム・ロジャーズ

 1942年生まれ。大学卒業後、米陸軍、その後ウォール街で働く。
 国際投資会社クォンタム・ファンドを共同で設立。
 10年間で40倍以上のリターンを実現。(同時期、米株式は1.5倍)
 37歳で引退し、コロンビア大学で教鞭をとる。
 1994年にバイクで、2003年に車で世界一周旅行を行なう。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)