本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「一番悪い時が一番のチャンス」邱 永漢

(2005年1月26日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

一番悪い時が一番のチャンス


【私の評価】★★★☆☆(74点)


●人によって「物の見方」は異なります。


 私は、より大きな「物の見方」を
 する人がより偉いのだと考えています。


・とりわけ成長経済の最中にあった日本と台湾で、同じように株価と 地価の上昇につき合ったので、「投資は発展途上国で、生産は通貨の弱い国で」という原則にたどり着きました。(p193)


●つまり、自分の経験からより
 大きな見方をして、高い視点からの
 教訓を得ていく人が偉いということです。


・今は景気の変動は世界的なスケール、地球的な規模になってきました。(p73)


●仕事や商売で苦労していれば、
 小さな成功、失敗があるでしょう。


 そのような小事も大切ですが、
 より大きな流れも意識してみると、
 その流れが見えてくる人がいるようです。


・成長株は発展途上国にあるもので、日本のような成熟化社会には滅多に見当たらないものです。(p169)


●現実を直視し、
 大きな流れを考えてみる。


 こういうことのできる人に
 なってみたいものです。


・「同じ柳の下にドジョウは三匹いる」と言いますが、三匹目は取り逃がすことはあっても、二匹目は必ず取れます。東急が大企業になったことがこのことを証明しています。(p112)


●この本では、邱 永漢先生の
 大きな「世の中の見方」を知ることが
 できます。


 そういう大きい「本の見方」で
 この本を読まれるといいのでは
 ないでしょうか。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私はこれまで多くの経営者の方にお会いしてきましたが、成功者に数えられる人は揃いも揃ってせっかちです。(p135)


・アジアでこうした引き抜きを防ぐには、「この人と一緒にいることが 自分にとってはいちばん得だ」ということを相手に理解させる以外に ありません。(p146)


▼引用は下記の書籍からです。

一番悪い時が一番のチャンス
邱 永漢
ごま書房
売り上げランキング: 198202


【私の評価】★★★☆☆(74点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: