本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「小さな人生論―「致知」の言葉」藤尾秀昭

本のソムリエ 2004/09/25メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな人生論 (小さな人生論シリーズ)


【私の評価】★★★★☆(87点)


要約と感想レビュー

 みなさん、雑誌『致知』をご存知でしょうか。この『致知』は「一日一冊:人生の智恵」と同じくらいマジメな雑誌ですが、この本は『致知』で好評だった部分を集めたもののようです。どうりで、自然と姿勢を正して読んでいました。


 先人から学ぶというコンセプトは一日一冊と同じですので、非常に好感が持てました。『致知』は私も定期購読していますので、あなたも一冊購読してみてはどうでしょうか。


 人が成長するのは、自分が目指すモデルとなる人を真似ることです。そうした人と出合えるのが、この本なのでしょう。


この本で私が共感した名言

・人物が偉大であればある程、立派な環境を作る。人間ができないと環境に支配される(安岡正篤)(p22)


・プロは「自分で高い目標を立てられる人」だということである。(p104)


・心の花を咲かせるためには、絶えず心を見張り、雑草を抜き取らなければならない(p17)


・夢をみるとは重荷を背負うことだ(松下幸之助)(p41)


小さな人生論―「致知」の言葉
藤尾 秀昭
致知出版社
売り上げランキング: 15427


【私の評価】★★★★☆(87点)



著者紹介

 藤尾 秀昭(ふじお ひであき)・・・1978年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。1979年に編集長に就任。1992年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在代表取締役社長兼編集長。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌である。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: