「ニュースの大問題! ―スクープ、飛ばし、誤報の構造」池上 彰

| このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースの大問題! ―スクープ、飛ばし、誤報の構造

【私の評価】★★★★☆(86点)


■分かりやすい解説でおなじみの
 池上さんによる
 分かりやすい報道の裏側です。


 新聞記事には、事実に基づかない
 『飛ばし』という意図的な
 誤報があることからはじまります。


 そして、最後には、
 『角度をつける』という意図的な
 歪曲があることで終わります。


・新聞社のなかには、事実を伝えるのではなく、
 自分に都合がいいように書くところがあります。
 「朝日の慰安婦報道が、海外で
 日本の国際的評価をおとしめた」・・
 「角度をつけて書いている」と
 指摘されています・・
 産経は産経で、角度をつけて
 記事を書いているのです(p178)


■その一方で、
 記事は裏取りしなければ
 記事ではない。


 原稿は事前に見せません。
 なぜなら、事実を伝えるためです。


 国益を考えて書きはじめたら
 記者はおしまいだ。


 といった、
 理想論も書かれてあります。


 理想論も大切ですが、他国の国益を考えて
 マスコミが書きはじめたら
 それこそおしまいだと私は思いました。


・朝日新聞の「慰安婦記事の誤報」が
 なぜ起こったか・・
 朝日新聞の人たちも「朝日には過剰な使命感
 みたいなものがあったんじゃないか」と、
 自己批判しています・・
 私が思うのは、逆に「国益を考えて
 書きはじめたら記者はおしまいだ」
 ということです(p137)


■マスコミも見方によれば
 一種の情報機関、諜報機関なのだ、
 と思いました。


 情報を扱うことで金を稼いでいる。
 金の稼ぎ方にいろいろな
 スタンスがあるのです。


 池上さんは事実に基づく報道を
 目指していることはわかりました。


 池上さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・先輩記者にいわれました。
 「A紙やB紙が特ダネとして大きく書いた
 記事には『飛ばし』が多いから、あわてて
 追いかけるのは気をつけたほうがいい・・・
 『飛ばし』とは、事実に基づかない
 おおげさな記事のことです(p18)


・ある殺人事件で「有力容疑者浮かぶ」という
 D紙の記事が出ました・・・
 いくら調べてもすいう事実は出てきません・・
 腰が抜ける驚きでした。
 事実がないのに書いたというのです(p19)


・どんなに困っても、確認が取れないことは
 報道しません。この一点はゆるがない。
 記者にとっては、裏取りという確認作業を
 したものだけがニュースなのです(p36)


・「情報源の秘匿」は、報道記者にとって
 とても大切なことです・・
 「特ダネの情報源は××です」と口にしたら、
 それ以後、取材活動ができなくなるからです(p152)


・週刊誌の記事など読み物としての
 おもしろさで売る雑誌は、
 記事の大筋を決めて取材にくる場合があります。
 最初からストーリーとオチが決まっているのです・・
 目次を最初に作って、タイトルまで決めて、
 そのストーリーのなかにはめこむ
 「材料」を得るために取材する場合が
 あるからです(p155)


・報道は、インタビューした原稿を
 事前に見せろなどと言われても見せません・・
 それは事実をありのままに
 伝えようとするからです(p60)


・朝日が書くと日経が「特落ち」になる。
 そうしたら、あとで日経にどんなふうに
 書かれるかわからない・・
 そこで、朝日の記者が来たらすぐに
 日経にも知らせるのです・・
 最終的な確認で「当て」に行くときに、
 ギリギリに行かないとせっかくの
 特ダネが日経に漏れてしまうことがある(p39)


・新聞記者という職業はそもそも、明治のころ
 「ゆすり・たかり」からはじまったわけです。
 「書かれたくなかったらカネをよこせ、
 誠意を示せ」というところからはじまった
 仕事なのです(p80)


・昔は、どこかに取材に行くと
 「お車代でございます」と
 お金が出たりしたのですね。
 韓国や中国ではいまもおこなわれています・・
 それが出ないところには
 記者が取材にきてくれない(p81)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ニュースの大問題! ―スクープ、飛ばし、誤報の構造
池上 彰
さくら舎
売り上げランキング: 518,973

【私の評価】★★★★☆(86点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




■目次

第1章 そもそもニュースって何ですか?
第2章 ニュースに公平中立はあるのか?
第3章 ニュースはこうしてできていく
第4章 ニュースは権力から独立している使命がある
第5章 ニュースの賢い受け取り方



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)