「50代からの生きかた上手―人生を豊かにする法則 」斎藤 茂太

| このエントリーをはてなブックマークに追加

50代からの生きかた上手―人生を豊かにする法則

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■歌人で精神科医の斎藤茂吉の長男であり、
 精神科医だった著者の
 50代へのアドバイスです。


 50代というと肉体的に
 無理がきかなくなり、
 まさに人生の曲がり角。


 そうした体の変調も
 50代なら当然のことであり、
 それに合わせてやっていきましょうと
 アドバイスしています。


・無理がきかなくなったことを
 マイナスにばかりとらえるのではなく、
 それを「少し体をいたわりながら、やりなさい」
 というサインととらえればいいのだ(p16)


■そして、
 全力で走ってきた過去を振り返り、
 本当は自分は何がやりたかったのか?
 と考えてみる。


 そうした人生の棚卸しを
 勧めてくれるのも
 精神科医らしい。


 50代から人生は
 まだまだ続くのです。


 いつからでも
 新しいことを始めることは
 可能です。


・ほんとうは何がやりたかったのか、
 そしてこれから何をやりたいのか、
 家庭のため、社会のためといったことから離れて、
 自分のために何をしたいのか
 じっくりと自分の心にたずねてみれば
 いいのではないか(p31)


■アドバイスとしては
 標準的なものでした。


 標準的、普通で十分ではないかと
 思いました。


 斎藤さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・趣味でもスポーツでも旅行でも、
 60歳になってから、あるいは
 65歳になってからというのではなく、
 いまやりたいという意欲があるうちに
 はじめてみることだ(p20)


・外見の若さを求めるのではなく、
 情熱という若さを
 持ち続けていたいものだ(p122)


・自分がまず一歩を踏み出すことが大切である。
 一歩踏み出してしまえば、二歩目以降は
 軽く出るものなのだ(p150)


・子どもが自立し、子どものことが心配なくなり、
 そろそろ自分たちの生活を楽しもう、
 と思いはじめる時期に、
 親の問題を抱えることになりやすい(p100)


・平凡な人生こそが、
 素晴らしい人生じゃないか(p172)


・香水王シャネルはいい言葉を述べている。
 「二十歳の顔は自然の贈り物、
 五十歳の顔はあなの功績」(p2)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


50代からの生きかた上手―人生を豊かにする法則
斎藤 茂太
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1,373,333

【私の評価】★★★☆☆(74点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ 五十代はこれからの人生を輝かせるための助走期間
第1章 心に隙間ができてしまうときの処方箋
第2章 人間関係をリフレッシュしてみよう
第3章 若々しい心身を保つ生きかた
第4章 明日に向かって今日を充実させる
第5章 五十代は自分の夢に戻れる時代だ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)