「部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦」江口 克彦

| このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■松下幸之助の下で秘書をしながら、
 PHP研究所の社長を歴任。


 江口さんの部下の哲学は、
 松下幸之助に鍛えられたものです。


 ただ指示に忠実なだけではなく、
 自ら意見を出しながら、
 自分の仕事としてやっていく。


 それが、松下幸之助が
 評価する部下だったようです。


・自分がおかしいと思えば、たとえ
 相手が誰であろうとそれをぶつけてきた・・
 上司の中にはそういう私に厳しい人もいたが、
 しかし面白いことに感心し評価してくれる人もいた。
 とりわけ松下幸之助という人はそうであった・・
 真正面からぶつかることで、なかなか
 信念を持っている男だと評価してくれる(p68)


■当たり前の内容だけに、
 当たり前が難しいのだと思いました。


 江口さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・逃げてはいけない、とにかくやってみる・・
 実は、私自身、松下幸之助の指示を
 断ったことがある。
 それはPHPの経営をやってみろと
 言われた時だ(p19)


・「この書類をコピーしてほしい」と部下に書類を手渡す。
 「ハイ」と返事したはいいものの、
 書類の机の隅に置いたまま自分の仕事に熱中している・・
 「いつになったらコピーをとってくれるんだろう」
 と上司はイライラしてくる・・
 こんな部下を信頼できるわけがないだろう(p78)


・お金の一線を越えてしまう、
 あるいはけじめを破ってしまうのは、
 実はほんの小さなことから始まるものである(p127)


・工夫によって仕事が自分のものになる・・
 小さいことでもかまわない。
 自分自身が工夫を加えていくことで、
 今までのやり方よりももっと優れた成果が
 生まれてくる(p133)


・まったく同じ成果を上げたA君とB君がいる。
 A君はマメに報告に来てくれる。
 そのプロセスが分かる。
 だが、B君はそのプロセスが全然見えない。
 このような場合、やはり上司が
 社内の階段を上がるあと押しをするとすれば
 A君のほうであろう(p150)


・与えられた仕事を100%やればいいと
 考えてはいけない。百の指示を受けたのなら、
 120にして返す。これがコツである(p154)


・やはり納得できる人生を生きるためには、
 「明日のために今日何をするか」
 「将来のために今何を為すべきか」
 ということを明確に心の中でつかまえ、
 そこに一歩一歩近づくことである(p212)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦
江口 克彦
PHP研究所
売り上げランキング: 245,655

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■目次

熱意とやる気がある
誠実である
明るさがある
思いやりがある
信念と使命感を持つ
すぐに行動する
シャープになる
聞き上手である
叱られ方がうまい
他人を立てる


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)