「部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦」江口 克彦

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■松下幸之助の下で秘書をしながら、
 PHP研究所の社長を歴任。


 江口さんの部下の哲学は、
 松下幸之助に鍛えられたものです。


 ただ指示に忠実なだけではなく、
 自ら意見を出しながら、
 自分の仕事としてやっていく。


 それが、松下幸之助が
 評価する部下だったようです。


・自分がおかしいと思えば、たとえ
 相手が誰であろうとそれをぶつけてきた・・
 上司の中にはそういう私に厳しい人もいたが、
 しかし面白いことに感心し評価してくれる人もいた。
 とりわけ松下幸之助という人はそうであった・・
 真正面からぶつかることで、なかなか
 信念を持っている男だと評価してくれる(p68)


■当たり前の内容だけに、
 当たり前が難しいのだと思いました。


 江口さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・逃げてはいけない、とにかくやってみる・・
 実は、私自身、松下幸之助の指示を
 断ったことがある。
 それはPHPの経営をやってみろと
 言われた時だ(p19)


・「この書類をコピーしてほしい」と部下に書類を手渡す。
 「ハイ」と返事したはいいものの、
 書類の机の隅に置いたまま自分の仕事に熱中している・・
 「いつになったらコピーをとってくれるんだろう」
 と上司はイライラしてくる・・
 こんな部下を信頼できるわけがないだろう(p78)


・お金の一線を越えてしまう、
 あるいはけじめを破ってしまうのは、
 実はほんの小さなことから始まるものである(p127)


・工夫によって仕事が自分のものになる・・
 小さいことでもかまわない。
 自分自身が工夫を加えていくことで、
 今までのやり方よりももっと優れた成果が
 生まれてくる(p133)


・まったく同じ成果を上げたA君とB君がいる。
 A君はマメに報告に来てくれる。
 そのプロセスが分かる。
 だが、B君はそのプロセスが全然見えない。
 このような場合、やはり上司が
 社内の階段を上がるあと押しをするとすれば
 A君のほうであろう(p150)


・与えられた仕事を100%やればいいと
 考えてはいけない。百の指示を受けたのなら、
 120にして返す。これがコツである(p154)


・やはり納得できる人生を生きるためには、
 「明日のために今日何をするか」
 「将来のために今何を為すべきか」
 ということを明確に心の中でつかまえ、
 そこに一歩一歩近づくことである(p212)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


部下の哲学―成攻するビジネスマン20の要諦
江口 克彦
PHP研究所
売り上げランキング: 245,655

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■目次

熱意とやる気がある
誠実である
明るさがある
思いやりがある
信念と使命感を持つ
すぐに行動する
シャープになる
聞き上手である
叱られ方がうまい
他人を立てる


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む