本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉」鎌田 實

(2017年5月15日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉

【私の評価】★★★★☆(80点)


■医師であり、作家である72歳の著者が、
 高齢者としての生き方を
 「遊行期」と称して考える一冊です。


 古代インドでは、人生を学生期、
 家住期、林住期、遊行期に
 分けるという。


 「遊行期」とは
 死に備える時期であり、
 自分らしく生きられる時期なのです。


・僕の「遊行期」のとらえ方は少し違います。「人生の問題」から解放されて、自分に正直に、肩の力を抜いて、しがらみから離れて生きていく大切な時期だと考えます(p17)


■「遊行期」を楽しむためには、
 腹をくくる必要があるようです。


 自分らしく生きると腹をくくる。
 これまでの殻を破る覚悟をする。
 だめな自分をそのまま受け入れる。


 どうせ死ぬのですから、
 自分のやりたいことを
 素直にやればいいのです。


・人生に手遅れなんてありません。「遊行」です。死んだ気でやればいいのです(p70)


■とはいっても、何十年も生きた
 習慣や思い込みに縛られるのが
 人間なのでしょう。


 だからこそ、死を前にして
 自分らしさを考え、悩むことが
 大事なのだと思いました。


 鎌田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・若い人にいっておきたい。空気を読むことはとても大事。しかし読みすぎないことが、もっと大事(p31)


・本当の自分がいまだによくわかりません。そしてその自分を壊す覚悟も,あるとはいい難いのです(p28)


・怒らないできた人はときどき怒ればいいのです。これは自分自身にいっています。(p41)


・ギャンブルなどの依存症の人には、へこむのを隠して、"強がる"人が多いことが知られています。「ダメな自分」を認めたところから、自分改革は起きる(p68)


・あえて、「病気は私の武器です」「障害は私の武器です」「貧乏は私の武器です」「弱さは私の武器です」と口にしたとき、大逆転が始まるのです(p150)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
鎌田 實
清流出版
売り上げランキング: 3,741

【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]


■目次

1章 「遊行」を意識すると生きるのが楽になる
2章 「弱い自分」「ダメな自分」「適応できない自分」でも生きぬける
3章 一〇〇万回立ち上がる覚悟
4章「自分革命」を起こす、発熱する言葉
5章 「遊行」とは、「愛の海」に還っていくこと


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: