「クルマは家電量販店で買え!」吉本 佳生

| このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマは家電量販店で買え!

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■経済学といえばお堅いイメージですが、
 日常生活の中の仕組みを
 分かりやすく教えてくれる一冊です。


 たとえば、
 100円ショップはなぜ
 100円で売ることができるのか?


 NB(ナショナルブランド)に対し
 PB(プライベートブランド)は
 なぜ、安いのか?


 その理由は、ほぼ同じなのです。


・PB(プライベートブランド)商品の安さの理由
 1宣伝や販売促進のコストがかからない
 2労働者の賃金が安い中国などにある専用工場で製造する
 3NBメーカーの工場で、空き時間に製造してもらう
 4大量に発注して、完全に買い取る(返品しない)
 5すぐにおカネを支払う(現金払いの場合もある)(p49)


■面白いところでは、
 ふるさと納税の返礼品の競争が
 過熱することを予想しています。


 自由競争のなかでは
 不幸なオークションのように
 どんどん競争が過熱するのです。


 全体で見れば
 税収は変わらないのですから、
 宣伝コスト、返礼品コストの分だけ
 税収が減ることになります。


・ふるさと納税を勧誘する宣伝のコストは、
 いろいろな地方自治体がかけています・・
 日本全体の税収が増えるわけではないのです・・
 多くの地方自治体が勧誘にかけるコスト
 (予算)を増やせば、それだけ社会的な
 ムダが大きくなります(p165)


■2008年と10年前の本なので
 ネタは古いのですが、
 物事の考え方の参考になりました。


 著者にはこうした本で
 「消費税を増やすと、なぜ税収は減るのか」
 を説明してほしいですね。


 吉本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ほぼ同じ機能のプリンターであれば、
 「プリンター本体の価格が安いほど、
 インク代が高くなる」
 といった傾向があります(p41)


・レストランがランチタイムの営業をすると・・
 ランチの売上はディナーより安定しやすいため、
 店の経営が安定するのです・・・
 毎月固定的な支払いがあることを考えると、
 毎月の収入が安定することには
 大きな意味があります(p76)


・いまや、産地を気にすることが
 無意味な時代になろうとしている・・・
 レタスの一定割合が、大量の中国人農業研修生の
 低賃金労働によって生産されている(p118)


・セカンドプライスオークションでは、
 1番目に高い価格をつけた買い手が、
 2番目に高い価格を支払って、商品を
 買うことができます・・どの書いても
 自分の評価額を正直に書くことが
 合理的な作戦となります(p153)


・国立大学の学歴は、平均的には
 将来の高所得につながりますから、
 税金で補助をして国立大学の授業料を
 安くしていることで、将来の高所得者を
 優遇しているとも考えられます(p219)


・たとえば日本で、何らかの物質(二酸化炭素など)
 の排出に対して環境税がかけられたとします・・
 環境基準が緩く、環境税も導入されていない
 新興工業国に工場を移すという選択肢があります(p266)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


クルマは家電量販店で買え!
ダイヤモンド社 (2014-01-27)
売り上げランキング: 189,923

【私の評価】★★★☆☆(73点)



■目次

第1章 クルマとプリンターとPB商品、価格の決まり方はどうちがうのか?
第2章 高級レストランの格安ランチが、十分に美味しいのはなぜか?
第3章 パチンコや金取引で必ず儲ける方法は、ときに本当に存在する?
第4章 ライバル企業が、互いに不幸になる競争を止められないのはなぜか?
第5章 大学の授業料は、これからも上昇を続けるのだろうか?
第6章 地球温暖化対策に、高すぎる価格がつけられようとしている?


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)