「選ばれる技術」信長

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎町No.1ホストが教える 選ばれる技術

【私の評価】★★★★☆(84点)


■週3冊の本を読む大卒ホストの
 お客さまから指名される技術です。


 その技術は心理学を
 そのまま応用しています。


 まずは自己開示して、
 お客さまに安心してもらいます。


 そして、
 お客さまが話し出したら、
 聞き役に徹するのです。


・自分の失敗談を三つ用意しておく・・
 失敗談や欠点、弱み、恥ずかしい話などを
 打ち明けることで信頼感が増加し、 
 相手から好感を持たれやすくなる(p28)


■さらに出勤前には、
 お客さまとのメールや電話での
 やり取りを欠かしません。


 お客さまに忘れられないように
 接点を維持するのです。


 ホストは自分が商品であり、
 自分が営業マンなのですね。


・No.1だった頃は「1日100件以上、
 送信するまで出勤しない」と決めて、
 意識的にお客様へのメールや電話を
 欠かさない
ようにしていました(p32)


■接客をビデオで撮影し、
 自分の良い点、悪い点を観察する、
 お客さまにフィードバックを受けるなど、
 常に仕事の改善をしているのが
 印象的でした。


 さすが大卒ホストですね。


 信長さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・女性は「共感」しか
 必要としていない(p68)


・お互いの"カッコ悪い""恥ずかしい"
 "ちょっと笑える"エピソードを
 さらけ出し合うことで意気投合し、
 結果としてそのテーブルでは会話も
 雰囲気もすごく盛り上がった(p27)


・売れっ子ホストたちに共通している行動、
 それは「時間があればスマホでメッセージ
 のやりとりをしている」(p31)


・研究のために自分が接客している姿を
 スマホで録画し、店が終わった後で
 細かい部分までチェックしてみました(p78)


・どんなところが気に入って指名してくれるのか、
 自分の何が強みだと思うか、
 逆にどこがダメで、何が弱点か
 お店にいらしたお客さまに、・・・
 ストレートに質問するのです(p90)


・新人ホストたちに
 「結果を出しているホストのやり方を
 マネしろ。どんどんパクれ
 と言っています(p96)


・ホストにも、常に
 「自分を磨きたいなら、
 とにかく本を読め
 とアドバイスしています(p118)


・指名のお客さまが使った金額のうち、
 半分近くがホストの給料になる、
 というのがこの業界の報酬システム(p84)


歌舞伎町No.1ホストが教える 選ばれる技術
信長
朝日新聞出版
売り上げランキング: 2,808

【私の評価】★★★★☆(84点)


■目次

第1章 誰にでも「好かれる」技術
第2章 「あの人の一番」になる技術
第3章 自分の「魅力」の作り方
第4章 読書家ホストの「モテる」読書術
第5章 結局、生き残るのは「選ばれる」人


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村





この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む