「「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣」横山 信治

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣 (アスカビジネス)

【私の評価】★★★★★(92点)


■ビジネスの世界で成功と
 ドン底を経験した横山さんが教える
 運が良くなるコツです。


 人生は山あり谷あり。


 ある時はトップ営業マンになり、
 調子に乗っていたら上司と対立し、
 左遷させられうつ病になりました。


 成功には原因があり、
 ドン底にも原因が
 あるのですね。


・松下幸之助さんは常々
 「私は学歴もなく、体が弱いので・・
 周りの嫉妬や妬みをかわしたところが、
 幸之助さんの強運を維持できた
 本当の理由かもしれません(p112)


■ドン底で学んだのは、
 敵を作らないこと。
 嫉妬や妬みをかわすことです。


 興味深いところは、
 本当に頭の良い人は、
 正論を主張しないということ。


 人は論破できても
 人は動かないのです。


 だとすれば、
 正論を言って敵を作る人は
 頭が悪い
ということになるのでしょう。


・本当のバカな人とは、
 知識を人に自慢する人です。
 または、変に知識があるがゆえに、
 正当論で相手の意見を
 論破しようとする人です(p114)


■正論だけでは
 だめなのですね。


 さらにその上のレベルがあり、
 実はその先にもまだまだ
 ありそうです。


 ドン底を知っているからこそ、
 説得力があるのだと思いました。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・叱られて、
 「なにくそー、負けるものか!
 と頑張る人もいれば、
 ふてくされて相手を恨む人もいます。
 どちらを選択するのも自由です(p27)


・運の良い人は、
 相手の良いところを探します。
 そして、さりげなく良いところを
 相手に伝えます(p44)


・運が良くなる人は冒険し・・
 取るべきリスクの目安は、
 失敗しても再起できるか
 否かです(p62)


・運の良い人は
 どんな仕事にも
 陰日向なく努力する(p121)


・運が良くなる人は
 「はい。わかりました」(p198)


・私がSBIグループの役員をしていたとき・・
 新規ビジネスのプレゼンをする場合、
 案を3個~5個用意しました(p81)


「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣 (アスカビジネス)
横山 信治
明日香出版社
売り上げランキング: 20,011

【私の評価】★★★★★(92点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 運が良くなる考え方 編
第2章 運を捕まえる行動 編
第3章 運を呼び込むための自己研鑽 編
第4章 運が巡ってくるコミュニケーション 編
第5章 運を引き寄せる話し方・伝え方 編




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)