「壁を破る言葉」岡本 太郎

| このエントリーをはてなブックマークに追加

壁を破る言葉

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■「芸術は爆発だ!」の
 岡本 太郎の一冊です。


 芸術とは何なのか。


 芸術は爆発だ。


 それは自分を出すこと。


 認められなくても、
 自分をつき出すこと。


・人に理解されたり、
 よろこばれようなんて思うな。
 むしろ認められないことを前提として、
 自分を猛烈につき出すんだ(p41)


■芸術には答えがないので、
 議論も難しい。


 よく言う人もいれば、
 悪く言う人もいる。


 それでいいじゃないか、
 と言っているように
 感じました。


でたらめをやってごらん
 口先では簡単にでたらめなら、
 と言うけれども、
 いざでたらめをやろうとすると、
 それができない(p78)


■自分を出し、
 他人とぶつかる。


 新しいものを創作し、
 これまでの作品を否定し、
 また創作する。


 それが芸術家の
 戦いなのだと思いました。


 岡本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・なぜ、創るのかって?
 創らなければ、世界はあまりに
 退屈だから、創るんだ(p11)


なんでもいいから、まずやっみる
 それだけなんだよ。(p15)


・制約が多いとみんな悩んでいる。
 だが、制約があるからこそ、
 自分のしたいことを貫くのが
 ほんとうの行動になると思う(p142)


・いつも危険だと思うほうに
 自分を賭ける。
 それが生き甲斐だ(p47)


・「危険」を感じる。
 それはつまり死の予感なんだ。
 そのとき、よし、それなら死んでやろう、
 と決意しておそろしいほうに飛び込む
 バァッとその瞬間、全身が生きてくる(p157)


壁を破る言葉
壁を破る言葉
posted with amazlet at 16.08.24
岡本 太郎
イースト・プレス
売り上げランキング: 24,783

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

自由
芸術
人間




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)