「株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者 」喜多川 泰

| このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者

【私の評価】★★★★★(90点)


10年後の自分に手紙を書く


 記念日にこうした
 タイムカプセルを書いた
 人もいるでしょう。


 この小説では、
 10年後の自分に手紙を届けてくれる
 タイムカプセル社のお話です。


 どのような事情があろうと、
 海外にいようと、
 駆け落ちして隠れていても
 手紙は届けられます。


 そして人が手紙を読んで、
 涙し、変わっていく。


・ビリヤードの台に球がたくさん乗っている。
 白玉を君が打つとき、目標の球に当てることは
 できるかもしれない。でも、そのあと、
 手玉や最初に当たった球が、どの球に当たり、 
 影響を与え合うかを予想することはできない・・
 だからといって手玉を打つことを恐れてはいけない。
 どうなるかわからないが、打つと決めて打つ
 それが人生だ・・(p202)


■人は少なからず
 悩みながら生きています。


 そうしたときに、
 10年前の手紙が来ると
 悩みを抜け出すきっかけになる。


 そして人は、また一歩、
 踏み出していくのです。


 そういう大切なことを教えてくれる
 小説でした。


 人を感動させる
 喜多川マジックに、
 電車を乗り過ごしました。


 喜多川さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・よかれと思ってやったことが
 相手の気分を害してしまうことは、
 僕もよくあります。だから、
 僕はこうされたほうが嬉しいって、
 ちゃんと言うことが大事だと思っているんです(p50)


・先生は『おまえくらいの年齢のときは、
 夢がないのが当たり前や。だから、心配いらん』
 って笑顔でもう一回言ってくれた。そして、
 『夢がないっていう人は、とにかく今、
 目の前にあることに一生懸命になってみろ
 がむしゃらに打ち込んでみろ。・・
 今、目の前にいる人を笑顔にしてみようって
 思ってみろ』って言うてくれた(p80)


・自分が彼女をあの状態にしたような・・
 「新井さんの気持ちはよくわかります。
 でも、彼女たちが幸せかどうかを決めるのは、
 あなたじゃない。彼女たち自身です。
 その責任もあなたじゃなく、
 彼女たちにあります」(p88)


株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-11-19)
売り上げランキング: 433

【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)