「人生に成功したい人が読む本(CD付)」斎藤 一人

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

人生に成功したい人が読む本

【私の評価】★★★★★(90点)


■最近の一人さんは、

 「えばっちゃいけねえ、なめられちゃいけねえ

 ということを強調されます。


 その意味は、
 威張るのはカッコ悪い。


 けれども、絶対に
 ナメられてはいけない、
 ということです。


・もし、みんなが全員、
 オレの部下だとするじゃない?・・・
 一個だけ言えることがあるの、実社会で。
 ナメられたらダメなんだよ。
 これはゼッタイ、ダメなんだよ。(p144)


■ナメられているということは、
 自分を貶めているということ。


 自分にとっては
 自分を幸せにすることが最重要ですから、
 自分を否定する人とは付き合えない。


 結果して、その人を
 切ることになってしまいます。


 本来であれば、指導者として、
 成長しあう関係であるはずなのに、
 自分がしっかりしないから、
 相手にナメられてしまう。


 自分のためにも、
 相手のためにもなりませんね。


・部下が最近、自分に結構、わがままを・・・
 「それはおまえの仕事なんだ、
  オレに頼んじゃイケないんだぞ」って
 明確に教えてあげなきゃイケない。
 なぜなら、あなたは指導者だから。・・・
 「オレがやさしいからって、なんでも、
  わがまま、言ってもいいんじゃないゾ
」って
 言えばいいの。(p132)


■一つ勇気をもらったような気がしました。


 人はそれぞれ違うから、
 自分でその壁を超える方法を
 見つけなくてはならないと
 一人さんはいいます。


 その方法は、人それぞれ違うのです。


 確かにそのとおりですね。


 一人さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間ってね、なにをするのにも、
 オドオドしてちゃダメなんだよ。・・・
 オドオドびくびく波動が出るの。(p73)


・人間って、自分の地を出して、
 好かれる人間になることだよな。・・・
 地を出して好かれる人間になるために、
 オレたち生まれてきてるんだよ(p123)


・オレが大好きなものは、一番は仕事。
 二番目は酒で、三番目が女。・・・
 好きなものとか、やりたいことは
 減らす必要はないよ。
 逆に、段々、増やしていくの。(p16)


・お客さんとは、お金をくれる人。
 だから、サラリーマンだったら、
 いちばんのお客さんは社長。
 その社長が本当に喜ぶことを考えて行動すれば、
 そこの職場でかけがえのない存在になり、
 必ず出世する(p21)


・いいかい、仕事というのは、
 ゲームみたいなものなんだよ。・・・
 目標の1000個にいかなかったら、
 自分がヘタくそだと思えばいい。・・・
 わかれば、そのときから、脳が勝手に
 改良点を探し出すようにできてるの。(p85)


・この星は行動の星。
 思って行動しないとダメなんだよな・・・
 目の前の、今すぐできることを
 一つひとつやっていく
と、
 いつのまにか到達するんだよ(p31)


人生に成功したい人が読む本
斎藤 一人
PHP研究所
売り上げランキング: 53,843

【私の評価】★★★★★(90点)



■目次

第1章 今ここに燃えて生きよう!夢描き歩こう、成功の道
第2章 世間の声を聞くか、神の声を聞くか
第3章 欲と勇気と、挑戦と
第4章 ナメられない生きかた


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む