「新版 小予算で優良顧客をつかむ方法」神田 昌典

| このエントリーをはてなブックマークに追加

新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 マーケティング常識11のウソ


【私の評価】★★★★★(95点)


■14年前に発行された本とはいえ、
 さすがマーケッティングのバイブル。


 顧客リストを集めるためのコピー。
 無料サービスの提供。
 そしてキャンペーン。


 そして見込み客への継続的な
 アプローチ等、いまでも
 販促として使える内容だと思います。


・「いつもと違うあなたを発見してみませんか」
 というのが、イメージ広告。
 「着付けレッスン3回無料!先着50名様
 というのが、ダイレクト・レスポンス広告である(p85)


■あまりに多くのマーケッターが
 この本を参考としたため、
 あちこちで

 「○○はまだ買うな!」
 「警告!○○する前に!」

 といった無料レポートが
 配られています。


 お客様にとっては
 良いことだと思いますが、
 お客様も慣れてきているかもしれませんね。


・ダイレクト・レスポンス広告の見分け方は簡単だ。
 オファーがあるかないかである。オファーとは、
 特典のことである。例を挙げれば、無料サンプル、
 無料お試し、無料モニター、無料案内書、無料カタログ(p86)


■後半は営業システムとして、
 顧客リストの構築と、
 ダイレクトメールでの販売を提案しています。


 「ジャパネットたかた」では、
 売り上げの45%がカタログや折り込みチラシ、
 テレビが30%、ネット通販が15%、ラジオが10%とのこと。


 顧客リストへのカタログ送付が
 大きい売り上げとなっており、
 そこに継続的な商売のコツがあるのでしょう。


 常識となってしまった、
 非常識なマーケッティング。
 未読の方はぜひ。


 神田さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・以前は、ビジネスの宿泊客ばかりだったのが、
 「白鳥の宿」としてからは、大阪や名古屋といった
 遠方からも観光客が訪れ始めた(p10)


・リフォーム会社であれば、「浴室リフォーム78万円~」
 という宣伝をする代わりに、「古いバスルームを快適にする 
 7つの知恵
」というガイドブックを無料でプレゼント(p168)


・顧客サービスを前面に打ち出すことは、
 儲ける秘訣のひとつ・・・
 サービスを、売り込みという下心なしに提供する(p42)


・もし5万円で効果のある広告が出せればどうであろうか。
 このくらいなら、ポケットマネーでも出せるのではないか。
 この小予算の広告で、まず広告表現や、商品、価格などを
 テストする
のである(p164)


・コピー機の売り込み・・・アンケートという名目で、
 現在使っているコピー機の使用年数や、機種などを調べ出す
 ・・・料金が1年間無料になるキャンペーン・・・
 その場で手書きで「どれだけ得するか」について説明を開始した
 ・・・本社では営業部長が、特別に値引きの許可を出すという
 シナリオになっている(p147)


・「社会のために・・」と、耳慣れたメッセージを出し始めた
 とたんに、数字は落ちる・・・最大の顧客を集めようとすれば、
 目の前のメリットを強調しなければならない。ときには煽りたてる
 ような言葉を使わなければならないこともあるだろう。しかし(p155)


新版 小予算で優良顧客をつかむ方法
神田 昌典
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 181

【私の評価】★★★★★(95点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)