「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」神田 昌典

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

【私の評価】★★★★★(96点)


■一日一冊の殿堂入り作家である神田 昌典さんの
 「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」が
 「本ナビ」に登録されていないことが判明したため、
 急遽、ご紹介します。

■この本は、あらゆる商売において、
 どうやって売っていくのか
 ブレーンストーミング(戦略発想)するための一冊です。


 商品、顧客、競合、収益、タイミング、メッセージについて
 基本的な考え方、事例などを説明してもらいながら、
 自分で考えるのです。


 ビジネスのコーチング本とでも
 言うべきものでしょう。


  ・営業の手間を減らし、どのように競争力を高めるのか?
   ・・・初回訪問したときから、コンサルティング料として
   費用が発生するようにすればいいのである。(p143)


■私もこのメルマガについて、
 この本を読みながら考えました。


 するとどんどんアイディアが出てくるのです。


 今、行き詰まっている。
 なんとかしなくてはならない。
 そうした人と一緒に考えてくれる一冊だと思います。


 商売をしている人にぜひ、推薦します。
 本の評価はもちろん★5つです。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・質問と回答は鏡に映った像のようなもので、
   具体的な質問をすれば、具体的な回答が得られ、
   抽象的な質問をすると、抽象的な答えしか帰ってこない(p21)


  ・好きな顧客にしか営業しない・・・
   現実に買っている人ほど正確なターゲットはない(p128)


  ・愚者は俺ならできると考える。
   賢者は愚者でもできることをやる。(p161)


  ・マスコミに掲載された記事を
   店頭で告知したり、DM等に入れたりすると、
   集客率・成約率がポンと跳ね上がる。(p240)


60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1388
おすすめ度の平均: 4.5
5 簡潔に言うと・・・お奨めです!!!
4 システム思考の理論
5 「これが本当に伝えたい大事な事だが、本質に迫れば迫るほど それを見抜ける顧客は減っていく。力作ほど売れない」と神田昌典さん
5 貴重な一冊
5 スター戦略構築法が秀逸

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・神田 昌典(かんだ まさのり)

 外務省勤務、米国で経済学修士、経営学修士(MBA)取得。
 その後、米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタント。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

私も数年前に読みました。

金魚鉢の前に猫を置くなど、表現もおもしろかったのを
記憶しています。

p.s
拙著のマグロ本をご紹介していただき、とても光栄です。
ていねいな解説、うれしかったです。

心よりお礼申し上げます。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む