「ビジネス選書&読書術」藤井 孝一

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■メルマガ「ビジネス選書&サマリー」を
 発行している藤井さんの一冊です。


 同業者ですので、読書への視点は、
 信頼できるものがあります。


■ビジネスマンが勉強する方法としては、
 本、CD、セミナーといろいろな方法がありますが、
 まず本を読むことからはじめたいものです。


 世の中には、「本を読む時間がない」という人がいます。


 こうした人は、本を読んで学んでいないから、
 「時間がない人こそ本を読む必要がある」
 とわからないのでしょう。


  ・仕事に活かす読書は、忙しい人が、走りながら、
   時間の合間を縫ってするものです(p112)


■この本で「なるほどな」と思ったのは、
 「読書レポート」の作成です。


 自分で読んだ本についてA4一枚くらいにまとめて、
 仲間などに配布するのです。


 私の友人でも読んだ本や参加したセミナーの内容を
 配っている人がいますが、
 こうした情報提供はありがたいものです。


■読書の活用方法の基本がわかる一冊だと思いますので、
 本の評価としては、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・忙しくて読めないのは、
   読書が生活の一部になっていないから(p35)


  ・読書をしたら、内容の要約や書評を記録した
   「読書レポート」を作ることをお勧めします・・・
   これを他の人にプレゼントしてしまうのもお勧めです(p158)


  ・読書会のような勉強会は、
   誰かが主催するものに参加するよりも、
   自ら主催することをお勧めします。
   経験を積めば、ノウハウになるからです(p174)


▼引用は、この本からです。

投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術
藤井 孝一
日本実業出版社
売り上げランキング: 69391
おすすめ度の平均: 4.0
4 本を読んだだけで終わらせたくない人にお勧め
4 本との向き合い方
3 本の読み方の入門本
4 前向きにさせてくれる作品
4 ビジネス書を活かす読書方法

【私の評価】★★★☆☆(70点)



■著者紹介・・・藤井 孝一(ふじい こういち)

 1966年生まれ。
 株式会社アンテレクト代表取締役。
 大学卒業後、金融会社でマーケティングを担当。
 米国駐在を経て、経営コンサルタントとして独立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む