「十二番目の天使」オグ・マンディーノ

| コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加

十二番目の天使

【私の評価】★★★★★(95点)


■この本は、泣ける一冊でした。


 妻と息子を失い人生に絶望した男が、
 銃を手に死を決意します。


 そのとき、彼は、偶然、野球を通じて
 一生懸命生きるティモシー少年と
 出会いました。


■死んだ息子に似たティモシー少年は、
 一生懸命にリトルリーグで
 野球に打ち込んでいました。


 必死に野球に打ち込むティモシー少年に、
 彼は一日一日を大切に生きる
 ということを学ぶのです。


■多くの人が与えられながらに気づいていない
 「大切なもの」を思い出させてくれる
 至宝の一冊でした。


 トイレで読んでいて、
 また号泣してしまいました。


 家族のいないところで読みましょう。
 ★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・絶対、絶対、あきらめるな!(p219)


▼引用は、この本からです。

十二番目の天使
十二番目の天使
posted with amazlet at 08.08.19
オグ マンディーノ
求龍堂
売り上げランキング: 12184
おすすめ度の平均: 4.0
3 十二番目の天使
3 エドガー・ケイシーのことばが・・・!
5 少し切ない前向きな本
3 思わずホロリ
5 この本に出会えてよかった

【私の評価】★★★★★(95点)



■著者紹介・・・オグ・マンディーノ

 1923年生まれ。人生哲学書作家。米国屈指の講演家。
 1968年にサクセス・アンリミテッド社長、
 「地上最強の商人」を執筆し、その後、次々とベストセラーを出す。
 総売り上げ部数は、3500万部を超える。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(5)

先日の一日一冊で紹介されていた、 12番目の天使。 
1年前くらいに読みました。
 
友達が貸してくれて、夜子供たちが寝たあと、まだ読むつもりではなくただパラパラとめくりだしたら。。。。。

そのまま立ったまま最後まで読み続け、翌朝目が腫れあがるほど嗚咽をもらしながら号泣したことを思い出しました。

ついつい、~~したら幸せ、、とか幸せに条件をつけがちだった考えを改めさせられました。

最近、オグマンテーノの13番目の天使を読み、子供にも買い与えました。

「地上最強の商人」の訳者の「小さなサトリ」にはなにかしら心を引かれる思いがします。

これからも人生の指南書をメルマガに記載していただければ、これに勝る情報はないことでしょう。

出来れば20代にめぐり合えればと思いました。 

前回も読みましたが、
野球好きの私は再度読んで、
また感動して泣いてしまいました。

本のソムリエさんの書評の中で、評価も高く、また泣ける本ということで、読んでみました。

本当に泣けますね。感動しました。

この本はただ感動して泣けるだけでなく、考えさせられる面も沢山ありました。

中でも一番残っている言葉は「never, never give up!」です。

絶対、絶対諦めない、この気持ちを持つだけで、
自分にやれることは際限なく広がっていくように感じました。

妻や子ども、友人にもぜひお勧めしたい一冊でした。

かなり前に手に入れていて
ずっと本棚に入れっぱなしになっていた
『12番目の天使』です。

小さな彼を本を通して
みていきながら最後まで読み進むと
タオルが必要になってきました。

ジーンとした読み終わりと
「よし、頑張るぞ!」という
これからの人生に
勇気と希望をもらった本です。

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む