「十二番目の天使」オグ・マンディーノ

| コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加

十二番目の天使

【私の評価】★★★★★(95点)


■この本は、泣ける一冊でした。


 妻と息子を失い人生に絶望した男が、
 銃を手に死を決意します。


 そのとき、彼は、偶然、野球を通じて
 一生懸命生きるティモシー少年と
 出会いました。


■死んだ息子に似たティモシー少年は、
 一生懸命にリトルリーグで
 野球に打ち込んでいました。


 必死に野球に打ち込むティモシー少年に、
 彼は一日一日を大切に生きる
 ということを学ぶのです。


■多くの人が与えられながらに気づいていない
 「大切なもの」を思い出させてくれる
 至宝の一冊でした。


 トイレで読んでいて、
 また号泣してしまいました。


 家族のいないところで読みましょう。
 ★5つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・絶対、絶対、あきらめるな!(p219)


▼引用は、この本からです。

十二番目の天使
十二番目の天使
posted with amazlet at 08.08.19
オグ マンディーノ
求龍堂
売り上げランキング: 12184
おすすめ度の平均: 4.0
3 十二番目の天使
3 エドガー・ケイシーのことばが・・・!
5 少し切ない前向きな本
3 思わずホロリ
5 この本に出会えてよかった

【私の評価】★★★★★(95点)



■著者紹介・・・オグ・マンディーノ

 1923年生まれ。人生哲学書作家。米国屈指の講演家。
 1968年にサクセス・アンリミテッド社長、
 「地上最強の商人」を執筆し、その後、次々とベストセラーを出す。
 総売り上げ部数は、3500万部を超える。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

Googleのお薦め記事

>月別(2002年7月~)