「成功への情熱」稲盛和夫

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

成功への情熱―PASSION (PHP文庫)
(評価:★★★☆☆)76点


●私の手帳には松下幸之助の写真が貼ってあります。

 その松下氏の考え方に現存している人のなかで最も似ているのは、
 著者の稲盛和夫氏でしょう。


●本書は、京セラが米国の電子部品メーカーAVXを買収した際に、
 稲盛氏が米国人経営者との勉強会の内容をまとめたものです。
 
 当初は米国人に稲盛氏の考え方は理解されなかったようですが、勉強会
 を続けるうちに、その考え方が浸透し、AVXの業績も上がるように
 なったのです。


 ・長期の目標を立てる時、私はわざと自分の能力を超えたところに設定
  します。(p52)


●私が特に感銘したのは次の数式です。


 ・人生の結果=考え方×熱意×能力(p34)


 この数式のなかで「熱意」と「能力」はプラスなのですが、「考え方」は
 プラスからマイナスまであるというのです。

 つまり、熱意と能力があっても、考え方がマイナスであれば、悪い結果
 しかでないということです。


●その正しい考え方を形作るのは、自らの経験であり、読書なのでしょう。

 ・自らの直接的な経験と、読書を通じて得た間接的な経験は、人生で
  成功を収める上での精神的な基礎をつくってくれます。(p77)


●本書は、稲盛氏の「人生を通じて打ち込める仕事を見つけよう」という
 メッセージが伝わってくるような一冊でした。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・自分の渦を作り出せるほどの考え方が主体的かつ積極的であるか否か
  が、仕事の結果だけでなく、人生の結果をも決定するのです。


 ・目標を持たないうつろな目には、人生のどんな素晴らしいチャンスも
  見えることはありません。(p175)


 ・大善は非情に似たり、小善は大悪に似たり(p211)


 ・リーダーの一挙手一投足を、部下が見ていることを忘れては
  なりません。(p229)


 ・各々のアメーバのメンバーは、そのリーダーと情熱を分かち合い、
  メンバーの労働時間当たりの平均付加価値を表す「時間当たり採算」
  という指標により、評価されます。(p161)


成功への情熱―PASSION (PHP文庫)
稲盛 和夫
PHP研究所
売り上げランキング: 2371
おすすめ度の平均: 5.0
5 読み継がれる価値
5 史上最強の成功哲学
5 心に響く問いかけの数々,是非読んで欲しいと思います!
5 素晴らしいの一言
5 どの様な立場の方でも読める。

(評価:★★★☆☆)76点


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数42,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む