「1分間リーダーシップ」K・ブランチャード、P・ジガーミ、D・ジガーミ 

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

1分間リーダーシップ―能力とヤル気に即した4つの実践指導法

(評価:★★★☆☆)


●いわゆるSL理論(Situational Leadership Model:
 状況対応理論)を小説形式で
 教えてくれる一冊です。


 この理論は、相手によって
 対応を変えようというものです。


 当たり前のことに思えますが、
 実際に行うことは難しいということは、
 管理職をしている人には
 よくわかることだと思います。


 ・違った相手には
  違ったふれ方(ストローク)を。(p13)


●この理論では、どれくらい「援助」が必要か、
 どれくらい「指示」が必要か、で
 状況を4つにわけます。


 そして、それぞれ部下に足りない
 ところを補ってあげるわけです。


●たとえば、全くの新人であれば、
 「援助」ではなく「指示」を優先させます。


 そして、少しできるようになってきたら
 「私はこう思うが、君はどう思う?」と
 コーチのように「援助」を増やしていきます。


●さらに成長すれば、
 もう「指示」は必要ありません。


 「在庫が多いですね。
 どうすればいいだろうか」と
 課題を設定して、相談すれば、
 自ら解決方法を見出していくでしょう。


 最終的には、「指示」も「援助」も不要となりますが、
 ここまで成長すれば
 次の段階が待っているわけです。


●このような状況対応理論は、
 社会人として知っておくべき基本です。


 最低限押さえておく一冊ということで、
 ★★★としました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・状況対応的リーダーシップとは、
  部下に対して何かをするかではない。
  部下といっしょに何をするかである。(p122)


1分間リーダーシップ―能力とヤル気に即した4つの実践指導法
K.ブランチャード 小林 薫
ダイヤモンド社 (1985/09)
売り上げランキング: 26,038
おすすめ度の平均: 4.67
5 リーダーシップとは、援助と指示の組み合わせだったのですね
5 もやもや感が、無くなります
4 ダイナミック・リーダーシップ

(評価:★★★☆☆)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む