タグ「91点」が付けられているもの

    「認めてほめて愛して育てる」七田 眞

    【私の評価】★★★★★(91点) ■子どもを育てるコツを教えてくれる  一冊です。  基本的には愛が大切。  一方で、ダメはダメと  はっきりさせることも大切。  特に赤ん坊については、  泣いてもすぐに相手にせず、  泣きやんだら  「どうしたの」  と話しかけてあげると、  夜泣きしなくなるということです。 ・赤ん坊が泣く・・・泣きやんだら手をかけると...

    「実学 中小企業のパーフェクト会計」岡本吏郎

    【私の評価】★★★★★(91点) ■税理士の役割とはいろいろあると思いますが、  単なる税務、単なる会計ではなく、  経営に使う会計をこの本は教えてくれます。  つまり、節税という目の前の現実と、  経営という理想の折り合いを  いかにつけるかということ。  例えば、  多くの中小企業では、節税対策として、  給与・役員報酬をコントロールしています。  で...

    「「人生を楽しむ」ための30法則」小林 正観

    【私の評価】★★★★★(91点) ■人生の生き方を問う、  小林さんの一冊。  幸せも不幸もない。  幸せも不幸も、  自分の頭の中で作るもの。  という考え方を  教えてくれます。  現在、悩んでいる方には  ぴったりの一冊のはずです。 ・人間は失敗がつきもので、  思うようにいかないことのほうが多いだろう。  そこでいかにニコニコと淡々と、  それを受...

    「トヨタの口ぐせ」OJTソリューションズ

    【私の評価】★★★★★(91点) ■「トヨタ」の考え方を  口ぐせから学びます。  現場に行く  すぐやる  期限をきめる  こうした当たり前のようなトヨタ方式が  簡単に真似ができないのは、  いくら学んでも、実際に実行することが  難しいからでしょう。  つまり、口ぐせ、習慣までに  落とし込むのは至難の業ということです。 ・現場が変わっていないと、 ...

    「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本 哲史

    【私の評価】★★★★★(91点) ■コンサルタントであり投資家でもある著者が、  これから社会に入る若者に助言する一冊。  社会でお金を稼ぐにはどうすればいいのか。  社会のお金儲けの構造はどうなっているのか。  私も教えてもらいたい内容でした。 ・基本的に一般投資家が株式投資で確実に儲けることは  ほぼ不可能・・得られる情報の速度と深度がまったく違う・・...

    「営業で1番になる人のたった1つの習慣」森 功有

    【私の評価】★★★★★(91点) ■富士ゼロックスにおいて7年間トップセールス。  目標達成率10倍という森さんの一冊です。  森さんの仕事は、法人営業です。  法人営業なら決定権限者に会うと効率が良い、  というのが定説です。  では、どうやって面談するのか。 ・1 どの企業の誰にアプローチするのかを決める  2 アプローチ相手に手紙を書いて届ける  3...

    「「そ・わ・か」の法則」小林正観

    【私の評価】★★★★★(91点) ■既読でしたが、  なぜかご紹介していませんでしたので、  ご紹介いたします。  「そ・わ・か」とは、  「掃除」の「そ」  「笑い」の「わ」  「感謝」の「か」  です。  掃除をすると、  お金が入ってくる。  笑いで健康になる。  感謝がすべてを  解決してくれるということ。 ・面白いジョークやシャレに対して笑う、 ...

    「山崎拓巳の道は開ける」山崎 拓巳

    【私の評価】★★★★★(91点) ■著者が、  これまでにメンターから学んだ  成功のための考え方をまとめた一冊。  私は、成功本を数多く読んできましたが、  著者の出会ったメンターは  レベルが高いと感じました。  まずは、  学生時代の陸上部から  話ははじまります。 ・神様、何も応援していただかなくてよろしいです。  だけど、このレースが終わったとき...

    「世界のシワに夢を見ろ」高野 秀行

    世界のシワに夢を見ろ! (小学館文庫)posted with ヨメレバ高野 秀行 小学館 2009-01-08 Amazon楽天ブックス 【私の評価】★★★★★(91点) ■大笑いの一冊。  早稲田大学探検部卒業の著者は、  世界中の辺境を旅し、  時には死にそうになり、  時には金を取られ、  時にはゲロを吐いたのです。 ・中国の公衆便所は汚い。・・...

    「「また、必ず会おう」と誰もが言った」喜多川 泰

    【私の評価】★★★★★(91点) ■中高生向けの成功哲学ドラマ。  この一冊に、人生で大切なことを  たくさん詰め込みましたね。  喜多川さん。 ■熊本から東京ディズニーランドに  やってきた高校生が、  飛行機に乗り遅れてしまいます。  お金がない。  どうしよう。  高校生に声をかけたのは、  売店のおばさん。  ここから高校生の熊本までの  旅がはじ...

    「死ぬときに人はどうなる10の質問」大津 秀一

    【私の評価】★★★★★(91点) ■患者の最後の苦痛を和らげる緩和医療医として、  数百人の死者を見てきた  大津さんと一緒に「死」を考える本です。  人生80年と言われるように、  日常にあまり「死」というものが  存在しない現代社会。  しかし、  いずれ人は死ぬものであり、  その運命からは逃げられないのです。 ・この世の中で一つ正しいことがあります...

    「ラクをしないと成果は出ない」日垣 隆

    【私の評価】★★★★★(91点) ■効率的な仕事術を「ライフハック」と  して紹介している人がいますが、  この本こそ本物の「ライフハック」でしょう。  フリーランスの作家、ジャーナリストとして  生き抜いている日垣さんの仕事術です。 ・出された問題はすべてその場で解決の方向性と、  「いつまでに」を明確にする(p106) ■印象としては、  3倍稼ぐ仕事...

    「いちずに一本道いちずに一ツ事」相田 みつを

    【私の評価】★★★★★(91点) ■これまで私が読んできた「相田 みつを」さんの本は、  毛筆の書だけのものでした。  それに対し、本書は「相田 みつを」さん本人の  講演会の内容が掲載されており、  「あー、こんな人だったんだ」  と感嘆してしまいました。 ・人間にとっていちばん大事なものは、  学歴でも肩書でもお金でもありません。  丈夫な身体と健康な...

    「親が死ぬまでにしたい55のこと」親孝行実行委員会

    【私の評価】★★★★★(91点) ■「孝行をしたい時分に親はなし」と言われますが、  実際にこの言葉を聞いても、  行動している人は多くないのではないでしょうか。  ですから、親のことを思っていても  行動できていない人に、   この本を読んでもらいたいのです。 ・特に用がなくても、私はお母さんにこまめに  電話するようにしている。(p93) ■私は、だれ...

    「子供が喜ぶ「論語」」瀬戸 謙介

    【私の評価】★★★★★(91点) ■空手の先生が「論語」を通じて、  生き方というものを教えてくれる一冊です。  「論語」などを持ち出すと単調になりがちですが、  瀬戸先生の独自独歩の色が出ていて  読みやすい一冊でした。 ・努力しない人を友達にしてはいけない(p120) ■瀬戸先生の教えの特徴は、一本筋が通っていて、  なぜか力強いということ。  努力し...

    「やるからできる」久保ひろし

    【私の評価】★★★★★(91点) ■パーソナルバリューポイントエピソードという  セミナーをやっている久保さんの一冊です。  自分の価値を上げる。  自分ブランドを作るような  セミナーのようです。 ■久保さんの手法は、  なりたい自分のイメージを書き読むことを  繰り返すというもの。  これで、自分のセルフイメージを  自分の理想に近づけていきます。  ...

    「裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記」山口 絵理子

    【私の評価】★★★★★(91点) ■バングラディッシュでカバンを生産し、  日本で売っている女性の半生です。  彼女は、大学のインターンで  国際援助機関で働きはじめました。  しかし、その現場から隔離した世界に疑問を持ち、  途上国へ実際に行ってみることを決心。  最貧国のバングラディッシュの大学院に入学しました。 ■昼は現地の商社のインターンとして働き...

  1 2 3 4 5 6  

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)