本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「一瞬で心をつかむ!聞く力」菊原智明

(2020年7月 6日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(90点)


内容と感想

■私は1週間前に車を購入しましたが、
 最初の営業マンがどうもダメで、
 別のディーラーでその日に購入契約。


 この本を読んで、最初の営業マンが
 なぜダメだったのか理由が
 はっきりわかりました。


 車の購入を真剣に考えている
 私たちの気持ちを無視し、
 最初のディーラーの営業マンは
 車の説明をだらだらと続けていた。


 最初の営業マンがこの本を読んでいれば、
 私たちから気持ちを聞き取り、
 価格交渉を始めでいたはずです。


・「自分ばかり話す人」というのは、聞く技術に劣っていることが少なくありません。人の話を聞く習慣ができておらず、「自分が語りたい!」という欲求のままに話しているのです(p189)


■この本のすごいところは、
 すべての項目ごとに著者の経験が
 入っていることでしょう。


 著者は7年間ダメ営業マンで、
 どう頑張っても上手に話せないなら、
 話を聞くようにしよう・・・と
 開き直りました。


 著者は割り切って聞く営業に変え、
 顧客に寄り添うことで一躍
 トップ営業マンになっています。


 それまでの著者は説明することだけを
 考えていて、お客様の話を聞くことを
 考えていなかったのです。


 特に日本人は自分の考えていることを
 はっきり言わない傾向があり、
 話の通じない営業マンから
 顧客は去っていくのでしょう。


・(顔を)観察して表情を追ううちに、相手の心境の微妙な変化に気づけるようになるのです。たとえば、「家族の話が出たときに、ちょっと顔色が曇った」といったことを察知できるようになります(p58)


■人からどう見られているのか、
 人は分かっているようで、
 自分が一番分かっていない
 のかもしれません。


 著者は自分の姿を動画で撮って、
 自分を第三者の視線で見直すことを
 推奨しています。


 実は今、私に必要な本だったのかも
 しれない・・ということで
 本の評価は★5としました。


 菊原さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・聞く力があれば、会話が苦手な人でもコミュニケーションスキルが上がります・・・聞く力がない人はコミュニケーションに問題を抱えている可能性が高いです(p3)


・聞く力があれば、最も面倒な「トラブルや誤解」を回避できるようになります・・・日本人はもともと、「本音をはっきり口にしない」・・言葉の受け取りミスや解釈のズレも起きやすくなっています(p5)


・共感している人同士は、言葉やしぐさが一致していく・・・共感していないといくら言葉や表情を作ってもシンクロが起きず、聞き手にとって、それがノイズとして伝わります(p105)


・相手の話を常によく聞いて、共感し合っている状態を知っておけば、それが変化したときに必ず気づけるようになります・・「あれ?何でこんな質問をするんだろう」とひっかかりを感じるのです(p107)


・「休日は何をしていますか?」と聞くだけで関係はぐっと深まる(p97)


・相手の話をじっくり聞くことで、信頼関係を構築する・・・聞く技術で相手との信頼関係を構築できれば、世界が変わります(p228)


・「コンサルという稼業は、〈話を聞くだけ〉で、十分仕事をしたことになる」考え方がガラッと変わった瞬間です(p21)


・たいていの人は悩みを「解決してほしい」のではなく、自分の悩みを「ただ聞いてほしい」のです(p155)


・人の話をジャッジしたり、途中で口をはさんで話の腰を折る・・・あなたも人の話を聞いていて、思わず自分の意見を言いたくなることがあるかもしれません。そんなときは、ぐっとこらえて、最後まで聞くようにしましょう(p247)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

菊原智明、学研プラス


【私の評価】★★★★★(90点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 なぜ"聞く力"が必要とされるのか
第2章 正しい話の聞き方
第3章 心の距離を縮める聞き方
第4章 会話上手になる聞き方
第5章 聞く力があれば会話がスムーズになる
第6章 相手がつい本音を口にしてしまう聞き方
第7章 聞く力があれば問題を解決できる


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: